映画「シャトーブリアンからの手紙」

今日は新潟・市民映画館シネ・ウインド​で「シャトーブリアンからの手紙」を観てきました。
舞台は1941年ドイツ占領下にあるフランス。1人のドイツ軍将校が暗殺され、その報復としてヒトラーは150人を処刑するよう命令を下します。処刑の対象の一部となったのは、反政府活動や反ドイツ活動で逮捕され強制収容所に入れられたフランスの人々でした。中には未成年や明日釈放される人もいた。という物語。

感情的な表現が抑え、淡々と記録を忠実に再現しているかのような作品です。何か奇跡的なことが起きて彼らが救われるのかと思っていましたが、そんな素振りはいっさいなく、救われない結末へ向かいました。

理不尽に命を奪われた人々の無念だというのは言うまでもないと思います。

善と悪、被害者と加害者など単純に二つに切り分けられるというものでもないと感じます。
彼らを死に追いやるよう命令を受けているのは、ドイツ軍の将校やフランスの警察や役人です。
ドイツ軍の将校は度が過ぎていると思っても命令を拒否することはできず、フランスの警察や役人も同じ国民を死に向かわせる命令に刃向かうことはできません。彼らを死に向かわせる側も、良心を痛めながらも命令に背けば自分だけではなく家族もどうなるかわからない状況だからなのでしょう。

一度動き出したら誰にも止められない事の不条理さを、心に苦々しく刻み付ける作品でした。

コメントを残す