映画“ゴーン・ガール”

デヴィッド・フィンチャー監督の映画「ドラゴン・タトゥーの女」がとても面白かったので、同監督作品の「ゴーン・ガール」を観てきました。

物語は、結婚記念日に突如失踪した妻を探す夫が、警察の捜査やメディアでの報道の過程で世間から非難され、ついには妻殺害の容疑をかけられてしまうという物語です。
前半は何も進展していなさそうで進展しているようような、もどかしさ緊張感に引きつけられます。後半では失踪のネタバレは結構サラっと行われます。
失踪の手口の巧妙さにもビックリしますが、それよりもネタバレを通じて妻の夫に対する感情や狡猾さが明らかになっていく様子がスリリングでした。
これは面白かった!

コメントを残す