100年の技術がクロスオーバーした楽器

engaget日本版(2014/01/29)“Moog がテルミンの新製品 Theremini 発売。Animoogのシンセエンジン採用、ピッチ補正機能やUSB / CV出力も搭載”より

テルミンは1919年にロシアの発明家レフ・ セルゲーエヴィチ・テルミン博士が発明した世界で初めての電子楽器ということです。

どんな楽器なのかは、先日、坂本龍一氏のテレビ番組“schola 坂本龍一 音楽の学校”でも紹介されたので知っている人も多いと思います。

MOOGは言わずと知れた1960年台に登場し、シンセサイザーの金字塔となった楽器ブランドで、テルミンも製造していますね。

これに現代のデジタル技術が加わって、この度のMoog Thereminiが出来上がったわけです。

[youtuber youtube=’http://www.youtube.com/watch?v=Ke5nIq4qwok’]

テルミンの発明から約100年に渡る技術が融合した楽器がどんな音楽を生み出すのか楽しみですね。

コメントを残す