生まれて初めて触ったシンセが復活

engaget日本版(2014/01/28)“KORGが名機 MS-20 をフルサイズで復刻、数量限定の自作キットで2月上旬発売”より

初めて楽器屋の店先で触ったシンセサイザーがKORG MS-20でした。

当時シンセサイザーって、どんな音でも出せると勘違いしていたし、これ一台でYMOみたいな曲が演奏できるのかと思ったりもしていましたが、店先でちょっと触る程度では何がなんだか分からずまともな音も出ませんでした。

このMS-20が組み立てキットで発売されるということです。

[youtuber youtube=’http://www.youtube.com/watch?v=Cue1LX0jxVg’]

このMS-20 Kit は内部回路の再現による音づくりや、添付の印刷物の想定などオリジナルの MS-20 開発陣のこだわりがぎっしり詰まっているようです。

それに加えて、MIDI入力やUSBを搭載しているということだから、PCを使って音楽をやっている人にはいろいろ楽しめそうですね。

僕はこの手の楽器は何も持っていないので、これ一台だけポツンと持っていてもちょっとね。。。

ちょっと前まで学研なんかでおもちゃのシンセがあったりしたけど、これはそんなお気軽に手の出せるお値段ではないのかな?

コメントを残す