間違っていたバッテリーのこと

スマートフォンやモバイルPCなどのバッテリーのほとんどはリチウムイオン電池が使われています。

リチウムイオン電池は、完全放電しないまま充電すると、メモリー効果で徐々に放電可能時間が減ったり、突然電圧が落ちたりすると聞いていました。

今まではできるだけ完全に放電してからフル充電するのが、一番いいと思っていましたが、これは間違いだったようです。

下記の記事を見つけてそのことに気づいたので、リチウムイオン電池の寿命を伸ばすためのコツについて、メモ替わりに紹介しておきます。

スマホのバッテリーを長持ちさせて電池寿命をのばす4つのコツ(GIGAZINE 2014/01/09)

 

・バッテリー残量は40~80%を保つようにする。

・月に1度はバッテリーを使い切って放電させ、満充電する。

・満充電になったら、すみやかに充電を止める。

・月に一度の完全放電のとき以外はゼロにしない。

・暑い場所には置かない。

・ワイヤレス充電より有線での充電のほうが良い。

 

みなさん、どのくらい知っていましたか?

僕は暑い場所には置かないくらいしか知りませんでした。

 

 

コメントを残す