年明けうどん

ベン・トー 10 恋する乙女が作るバレンタインデースペシャル弁当350円 アサウラ イラスト/柴乃櫂人 集英社スーパダッシュ文庫 定価680円(税込)

何年か前から日清のどん兵衛に“年明けうどん”なるものがあることは知っていたけど、自分はどちらかといえばうどんよりそばなので、興味を持っていなかった。

昨年読んだライトノベル“ベン・トー 10 恋する乙女が作るバレンタインデースペシャル弁当350円”にこのどん兵衛年明けうどんが登場している。

ベン・トーとは、スーパーの閉店間際に半額に値引きされる弁当を狙う者たちが陳列棚の前で激しいバトルを繰り広げるというものだ。この物語では半額弁当を狙って争う者たちを“狼”と呼ぶ。バトルと狼同士の人間関係のドラマなのだ。

その主人公は争いに負けると、どん兵衛きつねうどんを買ってその日の夕餉にしている。

そして、ベン・トーシリーズ10巻で主人公が年明けうどんを食べているので興味をもった。

2014-01-03 12.56.09_R

2014-01-03 12.56.55_R

汁は昆布出汁のお吸い物風で、具にはとろろ昆布と梅干しが入っている。かまぼには寿の文字があしらわれている。

普段醤油味のものばかりだけど、あっさりしているところに梅干しの酸っぱさというかしょっぱさが効いて、ちょっと珍しい感じがした。

IMG_0051

カップ麺はどれもそうだけど、出来上がりはパッケージやCMで見るのとだいぶ違って、残念な感じになるのでアップしないでおく。

この年明けうどんはその名の通りお正月しか売ってないのだ。

自分は見かけなかったけど、ネットで調べたら、生麺タイプのごんぶとにも年明けうどんがあるようだ。来年は縁があったらそっちを食べてみたい。

もう一回食べてみたいと思うけど、もう売り切れかな。

「年明けうどん」への1件のフィードバック

コメントを残す