ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(ネタバレあり)

“全編ビックリすることだらけ!!存在意義を見失い自己矛盾を抱えるシンジの願いが再び世界を危機に”

【あらすじ】

宇宙で使徒を捕獲する作戦にあたるアスカとマリ。彼女たちが帰還するのは巨大な空飛ぶ戦艦“AAAヴンダー”。

時を同じく、エヴァンゲリオン初号機パイロットの碇シンジは、ヴンダーの医務室へ搬送されるベッドの上で目を覚まし、見知らぬ場所に疑問を感じる。

ヴンダーのブリッジに連れてこられたシンジは、ミサトやリツコなどNERVで馴染みの人たちと再会する。しかし、ミサト達のシンジに対する態度はとても冷淡で、自分はエヴァのパイロットではない、なにもしないでほしいと告げられ、いざというときシンジの命を奪うことのできる首輪を装着される。

シンジの世話をする女子クルーの名前は鈴原サクラ。シンジのクラスメートでエヴァ3号機に搭乗したところ使徒に侵食され命を奪われた鈴原トウジの妹である。

そのことから、シンジは使徒に取り込まれた綾波レイを助けてから14年間エヴァ初号機の中で眠っていたこと、ミサト達が所属するのはNERVを殲滅するためのWILL-Eという組織だという事を知る。

ヴンダーに襲いかかる敵がシンジがいる部屋の壁を破り、手を差し出す。その姿はエヴァ零号機だった。シンジはミサト達の制止をふりきり、エヴァ初号機の手に乗りヴンダーを離れる。

たどり着いた先は変わり果てたNERVの本部。シンジはそこでピアノを弾く銀髪の自分と同じ年頃の少年の渚カヲルと出会い、父親の碇ゲンドウから“時が満ちたら二人でエヴァに乗れ”と言われる。

【映画を観て】

いや~、地元での公開初日の初回上映に行ってきましたが凄い人でした。

もう、終始ビックリすることの連続で、何をどう書いてもネタバレになってしまう感がありますが、お許し下さい。

冒頭で前作ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破ではダミープラグにコントロールを奪われた初号機に使徒にとりつかれたエントリープラグごと噛み砕かれ重症を負ったアスカがいきなり戦っているし、マリの乗るエヴァは観たことがなく、「え?何?これ、どうなってるの?」って思ってしまいます。

ミサトが「シンちゃん、よく戻ってくれたわね。無事で嬉しいわ」とか言うのかなと思いきや、突き放すような態度にビックリです。

しかも司令室にいたマコトやシゲルは老けているし、マヤにいたっては思ったように仕事が進まずクルーに対して毒づいているという性格の変わり様。

エヴァに乗ることで自分の存在意義を見出してきたシンジに、ミサト達はなにもしないでエヴァには乗るなという。一方で父親のゲンドウはエヴァに乗れという。

自身の存在意義への矛盾、世界や周りの人々変貌、目覚める前の最後の記憶である綾波レイの姿が見当たらない。これらのことがシンジを悩ませ、混乱させ、心が引っ掻き回される。

シンジの不安や混乱は彼自身を焦らせ、心が通じ合えたと思えたカヲルを失うことになり、エヴァに乗り始めた頃のように自分の殻に閉じこもってしまう。

そんなシンジの心理描写がエヴァらしいといえばエヴァらしいと思います。

過去作品で多分こうだろうと想像するしか無かったように思う、アダムやリリン、人類補完計画について劇中で明言されたことも注目だと思います。

そして、気がかりなのは加持リョウジが登場しなかったこと。

映像は時折見せるベッタリと塗られた背景が印象的でしたし、シンジとカヲルが連弾をするときにバックに映る楽譜は本当に演奏に合っているものが映っているのには感心しました。

そしてエンドロール後の三石琴乃さん(葛城ミサト役)のナレーションによる次回予告のBGMには合唱が加わり、めっちゃゴージャスに感じました。

本当に最初から最後までビックリすることの連続で、ポカーンと口が開いたまんまでした。

面白いことは面白いのですが、コアなファンでも難解と言ったらいいのか、それぞれが思うエヴァのイメージで補完しないと消化しきれないようにも思います。まさに脳内補完計画とでも言ったらいいのでしょうか?

できればもう1回は劇場で観たいとは思っています。

2012年11月17日 T・ジョイ新潟万代にて鑑賞

おすすめ度:★★★★★
これを観に行く人はせめて新劇場版:序と破を観てから行かないとかなりわかりづらいかも。

 

監督:庵野秀明(総監督)、摩砂雪、前田真宏、鶴巻和哉
脚本:庵野秀明
原作:庵野秀明
製作総指揮:大月俊倫、庵野秀明
音楽:鷺巣詩郎
出演者:緒方恵美(碇シンジ)、林原めぐみ(綾波レイ?)、宮村優子(式波・アスカ・ラングレー)、坂本真綾(真希波・マリ・イラストリアス)、石田彰(渚カヲル)、三石琴乃(葛城ミサト)、山口由里子(赤木リツコ)、立木文彦(碇ゲンドウ)、清川元夢(冬月コウゾウ) ほか
2012年 日本作品

リンク
“ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q”公式サイト

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q@ぴあ映画生活

象のロケット

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(ネタバレあり)」への8件のフィードバック

  1. ピンバック: 気ままな映画生活
  2. ピンバック: こみち
  3. ピンバック: Akira's VOICE
  4. ピンバック: 青いblog
  5. ピンバック: 失われた何か
  6. ピンバック: にきログ
  7. ピンバック: David the smart ass

コメントを残す