キリマンジャロの雪

“秘密にしていたのは、あなたが賛成してくれるとわかっていたから。-マリ=クレール”

【あらすじ】

港町マルセイユの埠頭。青い作業着を着た男たちが集まっています。

初老のミシェルが労働組合委員長を務める会社も人員削減を余儀なくされ、20名の退職者をクジで選ぶことになりました。

ミシェルが次々と名前を呼び上げていく中、彼自身の名前も読み上げられます。

同僚のラウルは自分の名前を入れないこともできたのにとミシェルを責めます。

ミシェルは、妻マリ=クレールに、自分がリストラにあったことを告げますが、妻はあかるくそのことを受け止めます。

2人の結婚30周年を祝うパーティーが行われ、リストラされた社員も含めた多くの仲間が招待された。孫たちの合唱『キリマンジャロの雪』と共に、アフリカのキリマンジャロへの旅が子どもたちからプレゼントされます。

しかし、ミシェルとマリ=クレールが、ドゥニーズとラウルの妹夫婦たちとカードゲームに興じていた夜、突然マスクをした強盗2人に襲われます。

強盗は現金やキャッシュカードだけではなく、「旅行のチケットをよこせ!」とにキリマンジャロ行きのチケットを奪って行きました。

まじめに善良に生きてきたのに、なぜ自分たちがこのような目に遭うのか、と悲しみに暮れるミシェルたち。

ドゥニーズは事件のショックで精神的に不安定になってしまい、ラウルはそんな妻を見て、犯人への恨みが大きくなっていきます。

数日後、犯人の1人が、ミシェルと一緒にリストラされ、幼い弟二人を養い苦しい生活を送る青年であることが判明し、ミシェルとマリ=クレールは大きなショックを受けます。

 

【映画を観て】

ミシェルは今まで仕事が生活の中心でしたが、突然のリストラで職を失います。

孫達の世話を焼き、夕方はテラスで街並を眺めながら一杯やるような、のんびりした日常を送ろうと思っても、どこか空虚な気持ちを抱えていたのでしょうね。

そこに強盗にあったことへの憤りや、犯人の青年からはもっと違うリストラのやり方があったのではないかと責められ、どことなく自責の念からささくれだっている感じがします。

恨みや怒りを大きくしても、盗られたものが戻ってくるわけでもなく、気が晴れるわけでもないのでしょうね。

そんな気持ちの中で、犯人の弟達を偶然見つけ、彼らがどうしているのか気になり始めます。

青年が犯罪に走ったのは自分のせいでもあるから、彼のために何かをすることが自分にとって正しいことだと少しずつ気持ちが変わっていくとで、気持ちが穏やかになっていったように感じます。

突然のこととはいえまだまだ働き盛りの夫が仕事を失ったことを責めたりせず、くじで不正をしなかった夫を誇らしく思いサバサバとした感じで受け止めるマリ=クレールもいいですね。

マリ=クレールも逮捕された青年の事情を知り、弟達が暮らすアパートを訪ねます。両親はいなくなり、兄だけが面倒を見てくれていたということを知り、マリ=クレールはミシェルに「今日は仕事で遅くなるから」と嘘をつき、彼らのところへ通い食事や身の回りの世話をします。

ミシェルはマリ=クレールにないしょで青年の服役が終わるまで、弟達をあずかろうと考えるようになり、ラストでお互いに思っていることが一緒だったとわかるところは、長年連れ添った夫婦の絆の強さを感じたり、二人の気持ちが晴れやかになっていく感じがして、観ている方もパアッと青空が広がったような気分になります。

ラウルはくじびきのこと、事件のこと、犯人の弟を引き取ることなど、ミシェルを批判して仲が悪くなりますが、子供の頃ラウルがミシェルから盗んだマンガが巡り巡って、二人を仲直りさせるというところも心憎い演出でしたね。

また、マリ=クレールはふらりとバーを訪れ、バーテンダーに“何か元気の出るものをちょうだい”と注文するのですが、バーテンダーと彼女の話もなかなかウイットが効いていて好感が持てました。

2012年10月27日 新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞(11月09日まで上映)

おすすめ度:★★★★☆

 

原題:LES NEIGES DU KILIMANDJARO
監督・脚本: ロベール・ゲディギャン
脚本: ジャン=ルイ・ミレシ
キャスト:ミシェル(ジャン=ピエール・ダルッサン)、マリ=クレール(アリアンヌ・アスカリッド)、ドゥニーズ(マリリン・カント)、ラウル(ジェラール・メイラン)ほか
2011年 フランス作品

 

 

【リンク】
“キリマンジャロの雪”公式サイト
キリマンジャロの雪@ぴあ映画生活
象のロケット

コメントを残す