ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件2

万能の天才と呼ばれる姉が失踪し、その弟が姉になりすまして同盟国の皇族の家庭教師として派遣されるお話の第2巻です。

 

【あらすじ】

失踪した双子の姉、”万能の天才”グリンダ=ドイルの替え玉として、女装してエーレン王室の家庭教師をするはめになった僕、シャール(♂)。

紆余曲折の末、王子や姫たちと仲良くはなれたけど、今度はなんと竜樹(リュウジュ)王子とイケメン騎士ギルマーから、同時に愛の告白をされてしまう!

突然のモテ期が――って男にモテても嬉しくない!

聖羅(セイラ)からは白い目で見られるし、アニスはお泊まりにやって来るし、一体どうすれば――!?

ファミ通文庫FB Onlineより)

今回は、主人公シャールが、異国の皇子様や聖羅にもメイドのアニスからもモテモテでしたね。

グリンダに扮するシャールをチヤホヤする連中や、それに反応するシャールに対して、聖羅の幼い嫉妬や大人への反感、シャールへの恋心なんかが可愛らしく描かれていたと思います。

そうした聖羅にドギマギするシャールですが、二人ともなかなか思うことを素直に打ち明けられないもどかしさが面白かったですね。

そして、エキゾチックな異国の皇子が登場し、グリンダに扮したシャールに求婚したことからのドタバタもよかったです。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、皇子もシャールも秘密を持っていることの窮屈さを理解し合えるという点では良いかもしれません。でも、それを振りきって自分が聖羅を守るために家庭教師を続けようとするシャールには好感が持てますね。

シャールの思い出で、グリンダが自分が作ろうとして失敗した焦げたパンを食べているところに、シャールも加わり、二人で焦げたパンを黙々と食べるシーンは二人の姉弟愛を感じますよね。

また、聖羅が胸の大きさから敵と思っているアニスですが、とても家庭的で乙女チックで、シャールに恋する様子はとても可愛らしいいですね。

後半の短編集もそれぞれのキャラクターの個性がよく現れていて楽しめました。

グリンダに扮したシャールのモテ期というより、シャール自身も十分モテ期に突入ですよね。

この先はシャールが聖羅とアニスに対して二人の自分をどう使い分けていくのか楽しみですね。

 

2012年10月03日読了
★★★★☆4.5
社長さんって一体誰www
ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件2
野村 美月 (著), karory (イラスト)
エンターブレイン ファミ通文庫刊
2012年09月29日発売

コメントを残す