ミッドナイト・イン・パリ

“あこがれの時代に行けたとしても、今という現実が大事なんですね”
【あらすじ】

ハリウッドでそこそこ売れている脚本家ギルと婚約者のイネズは、イネズの両親の出張に便乗してパリを訪れます。

ギルはマンネリ化している映画の脚本家から、小説家へ転身しようとしノスタルジー・ショップで働く男を主人公にした小説の執筆中です。

また、ギルはパリに住むことを希望していますが、イネズはアメリカでセレブな暮らしをしたいと対立します。

家族でランチを楽しんでいるところに、イネズの男友達のポールとその彼女が登場し、二人をあちこちへ誘ってはポールがうんちくを垂れ、ギルはそれにうんざりします。

ギルはワインの試飲会に参加した後、ポールのうんちくに嫌気が差し、一人で歩いて帰るといいます。しかし、ギルはほろ酔い加減で街をふらふらしているうちに迷ってしまい、ボーッとしていると時計台は午前0時の鐘を鳴らし、それと同時にとても旧い型のプジョーがギルの前に停まり、乗っていた人たちに一緒に来て飲もうと誘われる。

その車の行き先は、社交クラブでそこにはギルが黄金時代(ゴールデン・エイジ)として憧れている1920年代に活躍したヘミングウェイやフィッツジェラルド夫妻をはじめとする、作家や芸術家、ミュージシャンやダンサーなどが集まっていたのでした。

次の夜、ギルはヘミングウェイに連れられ、執筆中の小説を評論家のガートルードに評してもらおうと彼女のサロンへ訪れ、そこで出会ってピカソの愛人アドリアーナと出会い、ギルは彼女に好意を抱きます。

 

【映画を観て】

つきなみな言い方になりますが、パリは“芸術の都”と言われています。また、古くからのものと今のものが街の中でうまく融合して時代が進むとともにいろんなモノが積み重なっているような街なのでしょうね。

旧いプジョーで1920年代にタイムスリップ(?)するというのも、こうした街が舞台だからできるのでしょうね。

ギルは1920年代の作家たちに憧れていますが、アドリアーナは1890年代にベル・エポックのパリに憧れています。また、ギルとアドリアーナは1890年代のマキシム・ド・パリに立ち寄った後、ムーラン・ルージュを訪れます。そこでロートレックやゴーギャンやドガに出会います。

ギルはドガやゴーギャンに彼らにとってのゴールデン・エイジはいつかと訊くとルネッサンスだと答えるのでした。

何時の時代に行っても“過去の時代をゴールデン・エイジ”と呼び、それに憧れやノスタルジーを抱くものなのですね。

作家や芸術家でなくても、誰でも“あの頃はよかった、できることならもう一度そのころに戻ってみたい”という気持ちを持っていると思います。

のみの市でギルがアドリアーナの日記を発見し、そこに自分のことが書かれていることでギルはアドリアーナへ気持ちを打ち明けようとしますが、憧れの時代への価値観の相違で結ばれないところは意外でしたね。

しかし、あの頃やあこがれの時代に行く事ができたとしても、いつまでもそこにこだわり続けるわけにも行かず、結局は自分自身の現在が一番重要になるのでしょうね。そんなことをギルとアドリアーナの別れに感じました。

イネズやその家族は雨のパリを嫌っていましたが、ギルは雨のパリが美しいと感じています。ラストでそうした価値観が分かり合える女性と出会えるところは心温まりますね。

あとギルの素行を調査する探偵のオチは笑えますよね。

そして、ビックリなのが1920年代の作家や芸術家達のいでたちが、ソックリなんですよ。

また、1920年代や1890年代のファッションやインテリアなどもよく雰囲気を再現しているように感じます。

そして、登場人物たちのウィットに富んだ会話はウディ・アレンらしいなと思います。

や、ギルの素行を調査せた探偵のオチはストーリ

また、音楽もどことなくパリの情緒やノスタルジーが漂っていて良い感じです。

 

2012年09月28日 新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞(10月19日まで上映)
おすすめ度:★★★★☆
シネ・ウインドでは力を入れていて35mmフィルムでの上映です。デジタル方式とは鮮明さとやわらかさを併せ持つような映像はパリの雰囲気をよく感じさせてくれていると思いました。

 

原題:Midnight in Paris
監督・脚本:ウディ・アレン
音楽:ステファン・レンベル
出演:オーウェン・ウィルソン(ギル)、レイチェル・マクアダムス(イヌス)、マリオン・コティヤール(アドリアーナ)、キャシー・ベイツ(ガートルード・スタイン)、エイドリアン・ブロディ(ダリ)、カーラ・ブルーニ(ガイド)、マイケル・シーン(ポール)
2011年 スペイン、アメリカ作品

 

 

【リンク】
“ミッドナイト・イン・パリ”公式サイト
ミッドナイト・イン・パリ@ぴあ映画生活
象のロケット 

「ミッドナイト・イン・パリ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 象のロケット

コメントを残す