下ネタという概念が存在しない退屈な世界

バナナは下ネタに入りますか?

「お●んぽおおおおおおおおおぉ!!」少女は叫びながら、駅の構内を走り出した。その瞬間、僕はすっころんだ。16年前の「公序良俗健全育成法」成立により、日本から性的な言葉が喪われた時代。憧れの先輩・アンナが生徒会長を務める国内有数の風紀優良校に入学した奥間狸吉は、《雪原の青》と名乗るペロリストに弱みを握られ、下ネタテロ組織「SOX」のメンバーとなってしまった……! そこはプリズン? それとも、ハーレム? 第6回小学館ライトノベル大賞・優秀賞を受賞したノンストップハイテンションYトークコメディ! よろしこしこ!(ガガガ文庫公式サイトより)

 

テンポもキレもよくて、なおかつエキセントリックで笑えました。

ぶっ飛んだタイトルと表紙で、ある意味一発芸的なのかなとおもいきや、後半は少しだれたものの、物語の構成やセリフやト書きの言葉のセンスがこうしたエキセントリックな要素をしっかり支えているのでしょうね。

PMと呼ばれる装置を全国民が装着を義務付けられ監視されるというのは、とある国の近未来的な風刺も込められているようにも思います。

そして、綾女を筆頭に女性キャラが個性的すぎるのもイイ!!

アンナのストーカー行為とか、氷菓の合体の秘密を探求しようとする異様なる好奇心とか、リアルな描写を探求する乙女とか、エロいことに対する価値観が歪んでいるところが面白いですよ。

特に不健全を知らずに育ったアンナの豹変ぶりがすごいですよ。

綾女のペロリストっぷりはそんな世界でストレートに自分の欲求のままエロを撒き散らす笑える快活っぷりがいいです。

下ネタを普通の言葉に無理やり置き換えるところが、かえってヒワイさを出していますね。

普通ならアンナのストーキングが怖いとはいえ、あれほどの美少女が全裸で自分の布団で寝ていたら、どうにかしちゃいますよね。

11月には続刊が予定されているということですが、このエキセントリックをキープしていって欲しいですね。

 

2012年09月24日読了
★★★★★

下ネタという概念が存在しない退屈な世界赤城大空 (著), 霜月えいと(イラスト)
小学館 ガガガ文庫
2012年07月18日発

コメントを残す