とある飛空士への誓約 1

七人の主人公が織りなす、恋と空戦の物語!
四千もの島嶼が大瀑布を挟んで存在する「多島海」。ハイデラバード連合共同体、セントヴォルト帝国、秋津連邦、三つの大国が覇権を争うこの海を、七人の少年少女の操縦する大型飛空艇が親善飛行していた。いずれもその突出した才を認められた士官候補生たちだったが、「空の一族」の強襲に、名も知れぬ島への不時着を余儀なくされる。脱出のために協力する七人。しかし、そこには裏切り者が潜んでいた――。空戦ファンタジーの金字塔! 「飛空士」新シリーズ、史上空前の規模でついに始動!! 七人の主人公が織りなす、恋と空戦の物語。(ガガガ文庫公式サイトより)

 

“世界には青しかなかった”

もう、この一言でシビレました。

空と海の青は飛空士たちの心を惹きつけ、彼らは様々な思いを馳せ、戦い、多くの命が散華するたくさんの物語をはらんでいますが、いつまでも変わらない永遠のものです。

新シリーズのエピローグ的な位置づけになるかと思いますが、それでも物語の描写は濃くこの巻だけでも十分に読み応えがありました。

登場人物たちの言動や心理描写、そして敵の攻撃や悪天候をくぐり抜ける飛行の描写の濃密さは映像が手に取るように浮かんでくるリアルな感じがありますね。

メインの7人のキャラクターもそれぞれに何かしらの重たい背景を背負っているようですね。

7人の中で裏切り者と呼ばれることになるのは誰なのか、や王位継承者の正体は、そして彼らはこの戦争にどのように翻弄され、成長していくのだろうか。

清顕、ミオ、イリアの三角関係はどう展開するのか、アクメドがどう関わるのか、友情というものに心を揺さぶられつつあるハチドリはどのように変わるのかなども気になるところです。

これまでの“とある飛空士シリーズ”とは独立した物語ですが、これまでのシリーズのエッセンスが散りばめられているのはシリーズのファンには嬉しいですよね。

冒頭のアクメドが王位継承者を乗せて、あるいは主人公たちの飛空艇の単機敵中翔破とか、清顕とイリアの壁となっているそれぞれの父親がエースで一騎打ちをしたこと、主人公たちは士官学校の学生だったりするところなんかはそんなふうに感じますね。

 

2012年09月22日読了
★★★★★

とある飛空士への誓約 1
犬村小六 (著), 森沢晴行 (イラスト)
小学館 ガガガ文庫
2012年09月19日発

コメントを残す