僕は友達が少ない 8

聖クロニカ学園学園祭本番、前座のような体育祭はつつがなく終わり、いよいよ文化祭当日となった。自主製作映画を上映する予定の隣人部だったが、映画の仕上げを担当していた理科が倒れてしまい、映画は未完成となり上映は中止に。残念な結果となった学園祭ののち、これまでの馬鹿馬鹿しいけど賑やかで楽しい活動の日々へと戻っていく隣人部。互いに絆を深めていく隣人部の面々と過ごしながら、小鷹は隣人部への思いをいっそう強くする。そんなおり、星奈を敵視する生徒会の遊佐葵が隣人部に対して不穏な動きを見せ、小鷹、夜空、星奈、理科、幸村の関係にも大きな転機が訪れる――。残念系コメディ、ついに終幕……!?(MF文庫J公式サイトより転載)

 

冒頭の文化祭では、理科は隣人部でみんなが楽しめるように、結構無理することが多かったんだなって思わせますね。

保健室でBL小説を朗読させるところはめっちゃ笑いました。

友達作りゲームも部員たちの性格がモロに出た残念な結末でいかにも隣人部らしいオチでした。

その後、生徒会の葵が星奈に一泡吹かせようと、隣人部を廃部しようとプレッシャーを掛けてきます。

しかし、どういうわけか小鷹は隣人部に顔を出さず生徒会の手伝いをするようになります。フランクで人当たりのいい小鷹の性格が裏目に出で隣人部が危機に陥ったのかなと思います。

星奈がさらっと告白しちゃうところは破天荒な彼女らしい。学園コメディで告白といえば一大イベントなのに、こんなにサラっと流しちゃっていいの?しかも、その後の幸村や理科が強烈すぎて印象薄いし。

でもなんで星奈はマリアが嫌いなのか気になります。今まで小鳩が好きすぎてマリアは眼中にないのかと思っていたのですが、嫌いだったのですね。

幸村も自分が真の漢を目指すと倒錯しているけど、ここまで言えば立派な告白ですよね。

最期にブチ切れる理科はこの巻の最大の見せ場でしょうね。理科は小鷹にもっと本音をさらけ出して自分と隣人部のメンバーと付き合って欲しかったのでしょうね。「理科たちは、もう友達じゃないですか」は名言です。

途中からなりを潜めた夜空は一歩遅れを取っているように見えますが、次巻で巻き返せるのかな。

最初表紙のイラストは夜空だと思っていましたが、読み終わってから表紙が理科と気づいた(笑)

 

2012年07月04日読了
★★★★☆4.5
最初表紙のイラストは夜空だと思っていましたが、読み終わってから表紙が理科と気づいた(笑)

僕は友達が少ない(8)
平坂読 (著), ブリキ (イラスト)
メディアファクトリー MF文庫J
2012年06月22日発売

 

「僕は友達が少ない 8」への2件のフィードバック

    1. >星鈴さん

      コメントありがとうございます。
      このシリーズの絵師はブリキ先生なんですが、どのキャラも可愛いですよね。
      僕は三日月夜空が一番好きです。

コメントを残す