完成から20年、映画「阿賀に生きる」がニュープリントでよみがえります(資金カンパのお願い)

新潟水俣病が発生した阿賀野川のほとりで川と深く関わりながら暮らしてきた人々を描いたドキュメンタリー映画「阿賀に生きる」の完成から20年が経ちました。

度重なる上映でフィルムも劣化していることから、20周年を契機に「阿賀に生きる」「阿賀の記憶」のニュープリントおよびデジタル上映用データの製作資金へのカンパやこの取組の広報についてご協力をお願いいたします。

 

【ニュープリント作成にむけて(チラシより)】

みなさまにはご健勝のことと存じます。
さて、新潟水俣病が発生した阿賀野川を舞台にしたドキュメンタリー映画「阿賀に生きる」(佐藤真監督)は、今年、完成から20周年を迎えます。若き素人集団7人が、3年間の共同生活の中から紡ぎ出した作品は、有意の市民による製作委員会の支えと、多くの人々のカンパによってゴールを迎えたものです。

20年前、早春のダビング作業を経て、4月に新潟県民会館にて完成記念試写会を開きました。登場する皆さんを招待したその日は生涯忘れることができません。

その後、新潟県内各所で先行上映会が開かれ、秋には東京・六本木シネ・ヴィヴァンで当時としては異例のドキュメンタリー映画の劇場公開がなされました。また、山形国際ドキュメンタリー映画祭優秀賞やフランスのベルフォール映画祭最優秀賞ドキュメンタリー賞をはじめとした国内外の映画賞を数え切れないほど受賞しました。

昨年の東日本大震災と東電福島第一原発の爆発以後、「阿賀に生きる」は新たな視点をもって見られているように感じます。映画に登場する人々はまさに「自然」を内包した生き方でした。今もたびたび上映され、今は亡き登場人物がよみがえります。

上映環境の変化からDVD上映されることが増えました。しかし、今回、私たちはあえて、16mmフィルムでのニュープリント作成をみなさまに働きかけたいと思います。

いまあるフィルムはキズが入り、完成当時のものはありません。現像所からも原版の引き上げを要請されております。今後を考えますと、16mmニュープリントをあげるならこれが最後のチャンスと思われます。

なぜ、フィルムにこだわるのかというご意見も十分承知しながら、フィルムの形で今後50年、100年と保存するためにも、「阿賀に生きる」のニュープリントを作成することを、みなさまに呼びかけるものです。

また、同時に現在デジタル上映方式として、HDカム方式が普及しつつあり、その対応も考えたいと思います。

佐藤真監督が急逝して今年で5年。今年中には彼の遺影の前で、ニュープリントで上映会をしたいと思います。

2012年月5吉日

阿賀に生きる製作委員会代表 大熊 孝
阿賀に生きるファンクラブ代表 旗野秀人
阿賀に生きるスタッフ一同
小林 茂(撮影)、鈴木彰二(録音)、山崎修(撮影助手)、村井勇(スチール)、石田芳英(録音助手)、熊倉克久(助監督)、長倉徳生(カサマフィルム代表)、秦 岳志(「阿賀の記憶」編集)、矢田部吉彦(「阿賀の記憶」プロデュサー・東京国際映画祭ディレクター)

 

【カンパについて】

今年の秋のニュープリントでのリバイバル上映を目指して、5月から各地でカンパのお願いをさせていただいています。

一口5000円または任意額のカンパに協力下さる方は、チラシに記載の口座へご送金いただけますようお願いいたします。

 

【呼びかけのお願い】

資金のご協力だけではなく、この取組を知っていただくためにも、本ブログ掲載のチラシをご活用いただき、呼びかけていただけますようお願いいたします。

チラシ(PDFデータ)につきましてはこちらからダウンロードしてください。

 

【お問い合わせ】
阿賀に生きるファンクラブ代表 旗野秀人さん、または、阿賀に生きるスタッフ(撮影)小林茂さんまでお願いいたします。
恐れ入りますが、迷惑メール等防止のため、連絡先についてはチラシをご参照いただけますようお願いいたします。

 

【最後に】

このブログでも、これらの作品を紹介していますので、ご覧いただければ幸いです。

映画「阿賀に生きる」

書籍「焼いたサカナも泳ぎだす 映画『阿賀に生きる』製作記録」

映画「阿賀の記憶」

「完成から20年、映画「阿賀に生きる」がニュープリントでよみがえります(資金カンパのお願い)」への1件のフィードバック

コメントを残す