ストライクウィッチーズ 劇場版

 “面白かったけど、ファン向けですよね”

時は1945年、舞台は地球とよく似ているけど魔法のある世界。

異形の敵“ネウロイ”の圧倒的な戦力と瘴気の汚染による侵略と脅威から、欧州のガリア、ロマーニャを解放した第501統合戦闘航空団、通称“ストライクウィッチーズ”は解散し、メンバーは各地へと飛び立った。

メンバーの一人・宮藤芳佳は、ロマーニャでの戦いで、ウィッチとしての魔法力を使い果たし、故郷の扶桑で医者を目指して勉強に励んでいました。

その芳佳のもとに、扶桑海軍士官候補生の服部静夏が訪れ、上官の坂本美緒から芳佳に欧州留学の辞令が下りたこと、自分はその随行として同行することを伝えます。

芳佳は最先端の医学を学ぼうと留学することを決意し、欧州へ向かいます。

同じ頃、欧州ではネウロイが出現するようになり、各地のウィッチたちは警戒を強めているのでした。

 

同名のTVアニメを映画化したもので、TVアニメのその後のエピソードとなっています。

芳佳は誰かを助けることにになると、軍規や常識、自分のことよりも自分の気持を優先させ貫き通すタイプです。

軍人の家庭で育ち、おそらく軍人の英才教育を受けてきた静夏は、そうした芳佳の破天荒な行動を軍人らしくないと非難します。

新たにガリアに出現した巨大なネウロイを倒そうと集まってきた旧501隊のメンバーと、かつての仲間を信じて自分にできることをやろうと必死になる姿を見て、静夏は新たな目標を見つけ成長したように思えます。

このアニメの魅力は萌え萌えの美少女とミリタリーテイストといえると思います。

ストライカーユニット(両足に装着し、魔法力を増幅して空をとぶ装置)を身につけ、縦横矛盾に空を飛び回り銃をぶっぱなすという戦闘なのに、パンツ(=正しくはズボン)まる見せ美少女というどことなくシュールなところがユニークですね。(初めて観る人はパンツまる見せとかドン引きかも)

また、統合戦闘航空団は世界各国のエースのウィッチで編成されていますが、彼女たちのコスチュームは第二次世界大戦中の各国の軍服を模していたり、ストライカーユニットは航空機を模したもので、銃火器もじっさいのものをモデルにしているだけではなく、キャラクターの名前も実在したエースパイロットの名前をもじっているあたりもミリタリーテイストもたっぷりです。

ストーリーは単純な気もしますが、静夏目線で芳佳のことを描いている場面がメインで変にブレたり、わかりにくい仕掛けがあったり、未回収ままの伏線があったり、変に小細工をしていないところはわかりやすく好感が持てます。

ウィッチたちの戦闘シーンは劇場版ならではの迫力がありました。

ウィッチたちの戦闘シーンでの銃撃や爆発、ストライカーユニットのエンジン音(プロペラのように見えるらしいが、これはエーテルが空気に干渉したものがプロペラが回っているように見えるらしい)などは劇場版ならではのスピード感ある映像と迫力ある音響となっていてなかなか見応えがありました。

僕はTVシリーズは時々観ていたので、大体のところはわかるので楽しめましたけど、初めて観る人には、ウィッチという存在、ストライクウィッチーズ結成の経緯や、芳佳が魔法力を失ったエピソードなどわからないとちょっとつらいかもしれませんし、もしかしたらパンツ(もう一度いうけどズボンです)もろ見せの戦闘などひいちゃうかもしれないですね。

しかし、全国の公開から1月遅れの公開で前売り券は取り扱いがなかったです。前売り券もいろいろ特典付きのものがあったので、ローカルなマニアにとっては残念ですよね。(映画館にしてみれば、前売り券より当日券のほうが入るお金が多いので良いのでしょうけど)

 

おすすめ度:★★★☆☆
エイラーニャの出番がちょっと少なかったかな
2012年05月04日 T・ジョイ新潟万代にて鑑賞

原作:島田フミカネ& Projekt Kagonish
監督・アニメキャラデザイン:高村和宏
キャラクターデザイン原案:島田フミカネ
脚本:ストライカーユニット
軍事考証・世界観設定:鈴木貴昭
アニメーション制作:AIC
2012年 日本作品

リンク
“アーティスト”公式サイト
ストライクウィッチーズ 劇場版@ぴあ映画生活

 

 

「ストライクウィッチーズ 劇場版」への2件のフィードバック

  1. この作品は総統閣下が好きなんですよね。
    あるネットの書込みにあまりにも狙い過ぎと書かれていたので、総統閣下にそうなんですかと聞いてみたら、それは違うといってましたが(笑)

    どんな作品かなとHPを見たことがあるので、キャラくらいならわかりますよ。
    総統閣下は宮藤が好きだそうです(笑)

    1. > 星鈴さん

       コメントありがとうございます。

       ミリタリー+美少女+パンツ(=ズボンということになっている)マル見せで、絞り込んだ対象をファンに狙っているような気もします。

       このアニメを初めて見る女性は、パンツのアップにドン引きし、そういうものを観て喜んでいる男子にもドン引きしちゃうかもしれませんね。

       僕もこのTVシリーズは結構面白くて録画を家で観ていましたが、これを観ている様子は家族に見られたくないなーとか思いながらコッソリみてました (笑)

コメントを残す