アーティスト

 “シンプルだからこそ伝わる情感の豊かさ”

1927年、サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(=ジョン・デュジャルダン)は人気絶頂でした。

新作の上映が終わり、劇場から出てくると記者や出待ちのファンに囲まれます。

そのファンの中に女優を目指しているペピー・ミラー(=ベラニス・ベジョ)と出会い、その様子が新聞に掲載されてしまいます。

しばらくしてジョージはエキストラに応募してきたペピーと再会し、ペピーはジョージに思いを寄せます。

その後ペピーは少しずつ大きな役をもらえるようになります。

そして1929年、映画界に大きな転機が訪れるのです。それはトーキー映画の登場です。

ジョージはトーキー映画のサンプルを見た時に“おいおい、冗談はよしてくれ”と言わんばかりにまったく取り合おうともしません。

ジョージの所属する映画会社はサイレント映画の制作を打ち切り、トーキー映画だけを制作することになり、ジョージと袂を分かちます。

ジョージはあくまでサイレントにこだわって自分で映画を制作しましたが、その映画は失敗に終わり、彼は絶望の底に落ちていきます。

その一方でペピーの出演するトーキー映画は大人気となり、彼女はたちまちスターダムへと駆け上がります。

ジョージは、どことなく不仲だった妻に家を追い出され、財産も仕事も失い、酒浸りの日々を送ります。

しかしジョージへの思いを捨てられないペピーは彼にもう一度輝きを取り戻して欲しいと願いあれやこれやと画策します。

日本版の予告編はアレすぎるので、オリジナルの予告をどうぞ。

この映画、第84回アカデミー賞の作品賞など5部門を受賞し話題になっているのでご存じの方も多いかと思います。この作品はモノクロでサイレントということでも注目を集めていましたね。

ストーリーは、大きな転換の波に乗れずスターの座から転げ落ち絶望する男、その男に思いを抱きながらスターダムに駆け上がった女。そして男の再起とロマンスといういたってシンプルです。

冒頭のジョージの映画の上映ですが、小編成のオーケストラが劇伴についてるって、すごい贅沢ですね~。カーテンコールでのジョージの振る舞いは俳優というよりエンタテイナーという側面が強かったように思います。当時のスターはそんな感じだったのでしょうね。そんなサイレント映画の華やかなりし頃の様子に触れられたのも面白かったですね。

ジョージのどんなときでもスターの誇りとユーモアを欠かさない性格、フレッシュで華があり、一途にジョージを思うペピー、二人の演技は素晴らしいです。

特にペピーがエキストラでジョージと映画に出演した後に、ペピーがジョージの楽屋に忍び込み、ジョージのタキシードに袖を通すシーンは極めてロマンチックで、ここ最近の映画では映画史上に残る名シーンといってもいいかもしれません。

火事の現場で気を失ったジョージが抱えていたフィルムがペピーと初めて共演した時のNGフィルムだったというのも、ロマンチックでペピーの気持ちをより強いものにしたのでしょうね。

ちょっとぼやっとした感じの映像、字幕なんかはちょっと滲んでブレてたりするところとか、サイレント映画特有のオーバーな感じの演技など、当時のモノクロのサイレント映画の雰囲気をよく再現しているなと思います。

聞いた話によると、この映像はカラーで撮影した後で、モノクロ映像化しているということらしいですね。最初からモノクロで撮影しちゃうとシャープになりすぎて、あのちょっとぼやっとした味わい深いトーンの映像を創り出すのは難しかったのではないかと思います。

サイレント映画ですから、彼らのセリフは直接聞くことができません。しかし字幕が映される以上にいろいろしゃべっていますよね。観客に聞こえない台詞までちゃんと脚本に仕込んでいるのかなと思うと手が込んでますよね。そして声がない分、動作や表情でそれを伝えるという演技をしていくのは大変だったと想像します。

また、観ている人もスクリーンに映る人が何を言っているのか想像しながら観るというのは今の映画にはない楽しみの一つだったのかなと思います。

演技も映像もよかったですが、何よりも音楽が素晴らしいと思いました。デューク・エリントンなどの1920~30年代のビッグバンドの華やかな曲、ロマンチックにストーリーや登場人物の感情を表現するルドヴィック・ブルースのオリジナルの曲は、まさに映像と演技と融合し素晴らしい映画にしてくれています。

サイレントと言っても、完全なサイレントではなく、ところどころ効果音がうまく使われています。特にジョージがトーキー映画の悪夢を見るところや、ラストのシーンではすごく映画の内容を効果的に印象づけていたと思います。

ジョージの愛犬のアギーもパルムドッグ賞を受賞したとのことで、ジョージの気分にあわせたコミカルな仕草、そして時には勇敢な仕草がうまく演出に取り入れられていましたね。

CGや3Dが全盛で作ろうと思えばどんな映像でも作り出せると言ってもいい時代に、あえてモノクロ・サイレント映画なのか?って思いますよね。

僕としては、一つは時代の変革をどう生きていくかをあらためて描いているということがひとつ。そして、なんだかんだ言っても、映画を創るのは何時の時代でもやはり人であり、映画はストーリー、映像、演技、音楽の総合芸術で、もっと人の手でやれることがまだまだたくさんあるということをもう一度認識しようという意味の映画なのではないかと思います。

これを書いちゃうと蛇足になってしまいますが、オスカーを受賞するまでは、上のようなビジュアルだったのですけど、オスカーを獲ったとたんチラシやポスターがどうしてこうなったみたいな感じになりました。

このビジュアルでは観たいという気も失せてしまうばかりではなく、作品そのものの雰囲気を著しく損ねているのが残念でしたね。また、予告編もアカデミー賞と犬のイギーばかりを話題にして、子どもじみてましたね。国内の映画会社はもっと作品のイメージを大事にした宣伝をして欲しいと思いました。

 

おすすめ度:★★★★★

思わずサウンドトラックをポチってしまいました。

2012年04月08日 T・ジョイ新潟万代にて鑑賞

 

原題:The Artist
監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウス
音楽:ルドヴィック・ブールス
出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ
2011年 フランス作品

リンク
“アーティスト”公式サイト
アーティスト@ぴあ映画生活
象のロケット

「アーティスト」への56件のフィードバック

  1. ピンバック: Akira's VOICE
  2. ピンバック: 日々“是”精進!
  3. ピンバック: Excape / いくすけいぷ
  4. ピンバック: 水曜日のシネマ日記
  5. ピンバック: 佐藤秀の徒然幻視録
  6. ピンバック: こねたみっくす
  7. ピンバック: to Heart
  8. ピンバック: みはいる・BのB
  9. ピンバック: LOVE Cinemas 調布
  10. ピンバック: 健康への長い道
  11. ピンバック: うろうろ日記
  12. ピンバック: 映画のブログ
  13. ピンバック: 銅版画制作の日々
  14. ピンバック: soramove
  15. ピンバック: カナダde日本語
  16. ピンバック: SOARのパストラーレ♪
  17. ピンバック: ハリウッド映画 LOVE
  18. ピンバック: 悠雅的生活
  19. ピンバック: 真紅のthinkingdays
  20. ピンバック: カノンな日々
  21. ピンバック: 京の昼寝〜♪
  22. ピンバック: 風に吹かれて
  23. ピンバック: いい加減社長の日記
  24. ピンバック: FREE TIME
  25. ピンバック: ★紅茶屋ロンド★
  26. ピンバック: 笑う学生の生活
  27. ピンバック: 首都クロム
  28. 日本版にしてしまうと、ありゃりゃってくらい残念になりますよね。

    このハリウッド版のポスターはなかなか素敵で、白黒の良さを引き出していると思います。

    サイレント映画なんて、珍しいのではないでしょうか…?

    映画館で観たいと思う作品ですね♪(*^_^*)

    1. > 瑠梨さん

       コメントありがとうございます。

       サイレント映画そのものが今となっては珍しいですよね。

       一見シンプルな映画に思えますが、細部にまでこだわり尽くした丁寧な作りになっています。これはDVDやBlu-rayでは体験できないと思います。機会がありましたらぜひ映画館でご覧下さいね。

       日本版のポスターや予告編はオスカーや犬のことばっかり前面に出していて、映画を観たいという気を損なってしまいますね。自分は早くにこの映画のチラシをゲットしていたのでよかったです。
       外国映画のポスターやチラシが日本では残念な感じに作り変えられているものもたくさんあります。

  29. ピンバック: KATHURA WEST
  30. ピンバック: 映画 K'z films 2
  31. ピンバック: よしなしごと
  32. ピンバック: kintyre's Diary 新館

コメントを残す