アップサイド・ダウン クリエイションレコーズ・ストーリー

“ドラッグをエネルギーに、巨大な相手と一人で戦ってきたロックな男の半生”

1980年代の初頭、ミュージックシーンにインディーズレーベルのバンド、プライマス・スクリームやマイ・ブラッディー・バレンタインが頭角を表し、’90年代にはオアシスが世界的なヒットをとげました。

これらのバンドを世に送り込み続けていたのがイギリスのインディペンド・レーベルのクリエイション・レコーズでした。

この映画はクリエイション・レコーズの創設者の一人アラン・マッキーのインタビューを中心に、レーベル関係者や所属アーティストのインタビューや当時の映像やなどから構成されたドキュメンタリー映画です。

アランはイギリスのグラスゴーの労働階級の家庭の生まれで鉄道職員をしながらパンクロッカーをしていました。

彼はバンド仲間からの誘いでロンドンに移り、クラブを立ち上げて小金が入るようになりました。最初はその儲けで呑んでばかりでしたが、何かやろうというころでこのクリエイション・レコーズを立ち上げたのでした。

プライマル・スクリームの“Upside Down”のヒットをきっかけにレーベルは音楽誌などから注目されるようになり、レーベル所属のアーティストは次々にヒットをとばしていきます。

しかし、注目が集まれば集まるほど、クリエイション・レコーズの内部はより混沌とした状態になっていくのでした。

アランはモジャモジャの赤毛にサングラス、スリム服というファッションでヨーロッパやアメリカを飛び回り、大手レコード会社との契約をもぎ取ってきます。

そんなアランのスタイルはパンクロッカーでなくなったとしても、パンクな生き方のように思います。

また、アランは常により強い刺激を求め、酒やドラッグに走ります。クリエイション・レコーズでは週末になるとアランがスタッフやミュージシャンに声をかけてパーティーを催していました。

クリエイション・レコーズのヒットは、ドラッグで加速された感性や創造力が産み出したものなのかのようにも思えますし、ドラッグはアランの活動のエネルギー源であったかのように感じます。

クリエイション・レコーズの所属アーティストが活躍していた頃の自分はそれほど洋楽に興味を持ってはいませんでしたが、映画の中で流れる彼らの曲はどこかで耳にしたことがあるなと思えるほどですから、相当にヒットしたというのもわかります。

クリエイション・レコーズは次々にヒットチャートにミュージシャンを送り込みますが、資金繰りには苦労していたようで、なかなかレコーディングにお金をかけることができないようでした。

お金がないからレコーディングに時間もかけられないという事情からなのか、映画の中で流れる彼らの曲は、曲やサウンドはユニークですが、音楽性はとても荒削りなように思います。

アランは意識していたのかどうかはわからないところですが、スタジオでの作業に時間をかけ蹴られない状況は、ミュージシャンの感情やエネルギーをよりダイレクトに聴き手にぶつけてきて、注目を集めることになったのかなと思います。

また、クリエイション・レコーズには多数のミュージシャンが所属し、あれだけのヒットをとばしているのに、ミュージシャンにマネージャーがつくわけでもなく、営業担当がいてあちこちに売り込むということもせず、ただそこに人が集まっているという混沌とした状態が最後まで続きます。組織だった企業体型を持つわけでもないのにちゃんと給料が出ていたのだからすごいですね。

しかし、(映画の中では明確に描かれているわけではないのですが)レーベルそのものが大手の傘下に入ることを拒み続け、メジャーがよくやるミュージシャンの音楽性やイメージの操作も拒否してきただと思います。

日本国内でもインディーズでエッジが効いていいなと思ったバンドが、いざメジャーデビューとなるとすっかり毒気を抜かれてつまらなくなっているということがよくありますが、アランや彼らのレーベルはそれをよしとしなかったのだと思います。

アラン達はお金を稼ぎたいとか名声を得たいというのではなく、純粋に自分たちを表現する場を求めていたり、感情をはき出す場を求めていたからなのかもしれません。

彼は一人でいくつものメジャーを相手に戦い、その活力を求めてドラッグに浸った半生だったと思います。まさにロックな生き方といってもいいでしょう。

1990年代が終わる頃、オアシスが世界的にヒットしどんどんメジャーになる中で、アランはドラッグの影響で発作が出るようになってきました。メジャーからの監視も厳しくなり、巨大になりすぎた活動の場に違和感を感じるようになり、アラン達はレーベルの活動に終止符を打つのでした。

聞いた話によるとこの映画のDVDはイギリスチャートの2位を記録したそうです。単なるインタビューと昔の映像のつぎはぎだけではここまで登り詰めることはないと思います。

ドキュメンタリー映画とは言いつつもミュージックシーンを風靡した人々を扱った映画だけに、映像のつくりもなかなか凝ったものになっています。

映像について感じたのは、一つ一つのカットがメチャメチャ短く刺激的なのです。

インタビューの映像はエッジの効いたモノクロ映像を使っています。

活動当時の映像にもエフェクトがたくさんかけられ、刺激的な仕上がりになっていて、アランの生き方やレーベルの様子や彼らの曲にマッチしたものになっています。

また、ストーリーテラー的な存在として、古びたテレビに色の調子の狂った映像や、ブラウン管の中から意味深に語る謎の人物(もしかしたら誰なのか見落としているかもしれません)を使った演出も印象に残ります。

曲や登場する人物だけに頼らず、映像面でも見応えのあるものに仕上げた監督の手腕も見事だと思います。

僕がこの映画で気になったミュージシャンはマイ・ブラッディー・ヴァレンタインでした。ちょっとCDなど借りて聴いてみようかと思います。

 

2012年01月27日 新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞

おすすめ度:★★★★☆

これが40〜50万ポンド(5000〜6000万円)で制作されたとはすごいです。

 

原題:Upside Down The Creation Records Story
出演:
アラン・マッギー/ジョー・フォスター(共同経営者 / Slaughter Joe)/ディック・グリーン(共同経営者)
ノエル・ギャラガー(Oasis)/ボビー・ギレスピー(Primal Scream)
ジム・リード(The Jesus & Mary Chain)/ケヴィン・シールズ(My Bloody Valentine)
ノーマン・ブレイク(Teenage Fanclub)/グリフ・リーズ(Super Furry Animals)
アンディ・ベル(Ride、Oasis)/マーク・ガードナー(Ride)
ガイ・チャドウィック(The House Of Love)/ボブ・モールド(Hüsker Dü、Sugar)
アーヴィン・ウェルシュ(「トレインスポッティング」原作者)ほか
監督・製作:ダニー・オコナー
音楽監督:マーク・ガードナー
2010年 イギリス作品

 

リンク
アップサイド・ダウン クリエイションレコーズ・ストーリー 公式サイ

アップサイド・ダウン:クリエイションレコーズ・ストーリー@ぴあ映画生活

 

ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す