ベン・トー 8 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版1250円

閉店直前のスーパーで半額シールの貼られた弁当をめぐって狼たちはバトルを繰り広げます。そんな半額弁当争奪戦バトルに青春をかけるHP(ハーフプライサー)同好会。

この頃メンバーの白粉花はなんだか元気がない。彼女は佐藤洋に“ないよりはあったほうがいいですよね?”と悩みを打ち明けます。佐藤は彼女を元気づけようと奔走します。

また、狼たちはクリスマスが近づくにつれ、“最も最強に近い狼”と呼ばれるサラマンダーが街に近づいていることを警戒しています。

その頃HP同好会のリーダー槍水仙は、HP同好会のメンバーと伝統であるクリスマスパーティーをしようとしていたが、花も洋も別の予定を立ててしまっていて、仙は拗ねてしまいます。

あれ?佐藤洋の二つ名が“変態”から“カペルスウェイト(=どんな姿にも変えることが出来る黒妖犬)”というまともなものに変わっているよ。まあ、生き物が変態するように佐藤は突如強くなったりする意味合いは同じなんですけど、なんかかっこよくなて残念な感じがしますね。イラストも気のせいかこれまでよりイケメンになってるような気がします。

前半は洋やケルベロスこと沢桔姉妹が順調に弁当を獲得し、慣れ合っていくことで、仙のイラだちが溜まっていくような感じがします。

セガネタも高段位桜桃少年団、白梅様や沢桔姉妹の著莪、鳥頭などとのエピソードなんかは面白いし、スーパーでのバトルもコンパクトにまとまっていいと思うんだけれど、盛りだくさんすぎるせいか読みにくいです。

槍水先輩は後輩として好意を持っているのか、恋心を抱いているのかはっきりしてこないのはもやもやしますね。また、あれだけの騒ぎの元になった白粉先生の本の内容も気になります。

あいかわらず弁当の描写はうまそうです。お腹が空いている時にこの本を読むのはヤヴァいですね。

クリスマスになるとスーパーでは弁当よりもオードブル的なものが売り場を占めますが、今回のメインの超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版はオードブルではなく、ちゃんと弁当だというところが、半額神や作者のこだわりなんでしょうね。

どことなくストーリーは前に進まず、マンネリ化している感じもあるので、槍水先輩、著莪、沢桔姉で恋の争奪戦にでも突入しないともう飽きちゃいそうです。

でもラストは地元のオールスター勢ぞろいの中でサラマンダーと洋の戦いも熱く、ラストはクリスマスらしい物語でした。

井上あせびちゃん推しのオイラとしては、今回はあせびちゃんの出番が少なくてちょっと残念でした。

2011年12月31日読了

評価:★★★☆☆

ベン・トー 8 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版1250円 (ベン・トーシリーズ)

アサウラ (著), 柴乃 櫂人 (イラスト)
集英社 スーパーダッシュ文庫刊
2011年12月22日発売

コメントを残す