フルメタル・パニック! アナザー 2

陣代高校3年の市之瀬達哉は父親が経営する建設会社の借金返済のため、民間軍事会社D.O.M.S.で働くことになりました。

夏休みに訓練を受け、達哉の初仕事はアラビアのとある国の軍のAS模擬戦での雑用でした。しかし正規パイロットが二日酔いのため達哉は急遽ASに乗り模擬戦に加わります。しかし、そこで交戦規定を破ってしまい、日本に送り返されます。

2学期が始まり、教室で平和な放課後を迎えようとしたその時、陣高の制服を着た会社のアデリーナと社長(メリッサ・マオ)の娘のクララが達哉の教室に突如現れ、仕事だと言います。

その仕事とは国産初の蒼いASを運ぶだけのものでしたが、輸送中のヘリコプターが何者かにより攻撃を受けます。

今回もAS戦ありの、日常のドタバタありでフルメタらしさを楽しめました。

特に見所は、アデリーナの過去を知った達哉と、達哉の日本での普段の暮らしを知ったアデリーナとの心のすれ違いですかね。

アデリーナは滅多に他人に話さない自国の内戦で銃をとっていたことを達哉に話し、達哉はショックを受けます。また、達哉の日本での暮らしや達哉の家族に触れたアデリーナは帰る場所や待ってくれている人がいる達哉のことを羨ましがります。そしてアデリーナはともすれば命を落として残った家族を悲しませることになるかもしれないこの世界に達哉を巻き込んだことを後悔しているかのようにも思います。

達哉と友達は、アデリーナとクララに日本を体験してもらおうと、回転寿司やカラオケやゲーセンに行きますけど、クララの回転寿司屋でのツウっぷりは笑えました。いったいどこで覚えたのやら。

ボン太くんがあれほどメジャーになっていたとは驚きでした。

そして、市之瀬家での夕食は達哉の妹のゆかりが腕をふるいますが、アデリーナの「中々においしいぞ、オチ○○ン」はマズイでしょう(笑)。でもアデリーナの浴衣姿はなかなか素敵でしたね。

達哉の父親とクララは意外と意気投合しそうな気もしますけど、そこは書かれていなかったのでちょっと残念でした。

アデリーナが着ていた陣高の制服はメリッサの元上官の私物ということですが、それはテッサのことですよね。そして、メリッサはときどきクララをテッサにあずかってもらっているということですが、機会があればテッサがクララに翻弄される様子なんかも盛り込んでくれると嬉しいです。

さて、肝心のASですが、純国産機のブレイズ・レイヴンは甲冑をつけた侍のようなイメージですが、突出したパワーと達哉の火事場のクソ力的な意表をつく操縦で戦果を上げます。D.O.M.S.の持ち物ではないですが、今後達哉の相棒となるのでしょうか?オリジナルで宗介が乗ったASにはアルというAIの相棒がいましたが、このシリーズでも達哉の相棒となるようなAIも登場して欲しいところです。

また、オリジナルで登場したサベージの後継が出てくるところなんかも嬉しいですね。

達哉たちの会社は特定の任務についているわけではないので、オリジナルのようにきちんとした敵というのがありませんでしたが、三条姉弟などの登場により少しずつ敵の姿が見えてきたようです。

また、議員や自衛隊の官僚、日本へASの輸出を目論むジオトロン社など、それぞれの陰謀は何なのかも気になるところです。

2011年12月30日読了

フルメタル・パニック! アナザー2

大黒 尚人 (著), 賀東 招二 (監修), 四季 童子 (イラスト)
富士見書房ファンタジア文庫刊
2011年12月20発売

ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村


ROBOT魂[SIDE AS?] ボン太くん

 

「フルメタル・パニック! アナザー 2」への3件のフィードバック

コメントを残す