2011年日本インターネット映画大賞外国映画部門

日本インターネット映画大賞というものがあることを初めて知りました。

2011年は外国映画、日本映画合わせて50本くらい観たので、その中から投票していこうと思います。

あくまで主観的な好みによる評価です。

[作品賞投票ルール(抄)]

・選出作品は5本以上10本まで
・持ち点合計は30点
・1作品に投票できる最大は10点まで

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)

「ヒア アフター」   3点
  「ブラック・スワン」  4点
  「SOMEWHERE」   3点
  「BIUTIFUL」   2点
  「海洋天堂」   3点
  「ミスター・ノーバディ」   4点
  「ラビット・ホール」   3点
  「宇宙人ポール」   3点
  「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」   3点
  「ツリー・オブ・ライフ」   2点

【コメント】

2011年に劇場で観た作品の中からピックアップしました。自分はそんなにたくさん見ているわけではないですが、いざ選ぶとなると悩みました。

ブラック・スワンは人間の内に秘めた2面性を描き出していて、観た日は夜中までドキドキが止まらなかったです。

ミスター・ノーバディは、ストーリー設定の面白さと、斬新で美しい映像が面白かったです。

ヒア アフターは津波の影響で上映打ち切りになりましたが、偶然にも運命によって引き寄せられていく人物の様子に優しさを感じた。

SOMEWHAREは父と娘のふれあいがよかった。

BIUTIFULは社会の最下層で、父親が子ども達に何か遺そうと一生懸命生きる姿が良かった。

海洋天堂は、障害を持つ子どもの親の苦しみはもちろんだが、水をつかった映像がとても印象的だった。

ラビット・ホール 全く恣意的な感じがなく、ごく普通の人が悲しみとつきあう様子がよく出ている。時には激しく時には繊細に感情を表現する登場人物の演技は素晴らしい。

宇宙人ポール いろんな作品のオマージュやパロディーでお茶をにごすのではなく、脚本の芯がしっかりしていて過去の作品をよく知らない人でも十分に楽しめるように作られている所がよい。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル まさにハリウッドの娯楽映画の醍醐味が味わえる作品。主人公イーサンのワンマンプレーではなくチームで任務にあたるというところは良いと思った。映像の空間の捉え方が斬新であり、娯楽性の高い作品のわりに人物描写がしっかりしていると思う。

ツリー・オブ・ライフ まず音楽と映像が美しい。内容は難解だが不思議に惹かれてしまう。

他にも、テンペスト、サンザシの樹の下で、タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密、黄色い星の子供たち、英国王のスピーチ、ソーシャルネットワーク、ブロンド少女は過激に美しく、Noware Boyなどが印象に残っています。

—————————————————————–

【監督賞】              作品名
   [ジャコ・ヴァン・ドルマル] (「ミスター・ノーバディ」)
【コメント】

自分の中ではとても衝撃的な作品で、自分の中での映画の殿堂入りです。

【主演男優賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】

【主演女優賞】
   [メラニー・ロラン] (「黄色い星の子供たち」)
【コメント】

狂気の状況での役を演じて自分自身が心身の調子を崩してしまうほどの渾身の演技でした。

【助演男優賞】
   [サイモン・ペッグ] (「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」)
【コメント】

映画のシリアスムードを和らげるコミカルな感じがよかった。

【助演女優賞】
   [エル・ファニング] (「SOMEWHERE、SUPER8」)
【コメント】

SOMEWHEREではキュートな少女、SUPER8ではどこかすれた少女と2つの顔が見れてよかった。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】

【音楽賞】
  「ゴダール・ソシアリスム」
【コメント】

映像とあいまって、刺激的な音楽でした。

【ブーイングムービー賞】
  「シャンハイ」
【コメント】

セットや衣装、役者の演技は素晴らしいのに、映画は単調だった。

—————————————————————–

【勝手に○×賞】
   [音響賞] (「シルビアのいる街で」)
  「           」
【コメント】

街の空気感を肌で感じるような立体的かつリアルな音響が素晴らしかったです。

—————————————————————–
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

 

リンク

日本インターネット映画大賞 投票ページ

投票締切は1月19日です。

「2011年日本インターネット映画大賞外国映画部門」への23件のフィードバック

  1. ピンバック: 映画@見取り八段
  2. ピンバック: ようこそMr.G
  3. ピンバック: こねたみっくす
  4. ピンバック: 佐藤秀の徒然幻視録
  5. ピンバック: そーれりぽーと
  6. ピンバック: 或る日の出来事
  7. ピンバック: ★my sweet time★
  8. ピンバック: Nice One!! @goo
  9. ピンバック: 健康への長い道
  10. ピンバック: C note

コメントを残す