ラビット・ホール

 “あたたかでやわらかな感動でした”

ニューヨークの郊外でしゃれた家に住む夫婦、ベッカ(ニコール・キッドマン)とハウイー(アーロン・エッカード)は豊かな生活を送っているように見えます。

しかし、2人は8ヶ月前に4歳の息子のダニーを交通事故で亡くし悲しみと絶望の深淵にいます。

ベッカは息子の使っていた衣類やおもちゃなどを処分し、息子の思い出を拭い去ろうとします。

一方でハウイーは息子の思い出を大事にしたいからとベッカが遺品を処分することに反対し、毎日息子の動画を見て思い出に浸っています。

同じ悲しみを背負っているのに、向き合い方の違いから二人の間はぎくしゃくとしたものになっていきます。

 

息子を亡くした悲しみというのは共通しているのに、ベッカは自分と対峙の仕方が違う人々に苛立ちヒステリックになっていきます。

子どもを亡くした夫婦の集まりで聴く話は彼女の神経を逆なでするばかりです。

また彼女の兄は麻薬中毒でなくなっていますが、彼女の母親(ダイアン・ウィースト)も息子を失ったことではなく、悲しみについて語ろうとすると、麻薬中毒で死んだ兄とダニーを一緒にしないで欲しいと反発します。

さらに妹の妊娠も彼女の気持ちを逆なでし、ベッカがダニーのものを処分することをエスカレートさせていきます。

ベッカは周りの同じ悲しみを持つ人の話しや周りの気遣いなどを自ら拒絶し、その結果自ら悲しみや絶望のはけ口を閉ざし、自分だけではなく他人も傷つけているように見えて痛々しいです。

何をしても気が紛れない中、ベッカはダニーを死なせた車を運転していた少年のジェイソンを偶然見かけます。徐々に彼のことが気になりはじめ、ハウイーの目を盗んで彼と公園で定期的に会い話しをするようになります。

ハウイーもギクシャクした二人の雰囲気に押しつぶされそうになり、集まりで知り合った女性に気持ちを寄せていきます。

お互い向かい合うことができず、他に慰めを求めていく姿は、一見ベッカもハウイーも心が穏やかになるように見えますが、二人の関係は何の解決にも向かっていないように思います。

ジェイソンはベッカに謝罪の気持ちを伝えるとともに、現在製作中のパラレル・ワールドを舞台にした“ラビット・ホール”という漫画のことを話します。“たくさんの世界にたくさんのあなたや僕が漂っていて、その中にはそれぞれ楽しく暮らしているあなたもいるかも知れない”それに対してベッカは“今の私たちは悲劇バージョンの世界にいるのね”と応えます。

このときベッカの中で何かが大きく動いたように思います。悲しみや絶望に覆われた彼女の心の中に希望のようなものが見いだせるようなったのではないかと思います。高校を卒業し、大学へ進学するジェイソンに対しても罪の意識にいつまでも束縛され続けてはいけないのではないかと感じ、お互いに前へ踏み出そうと思えたのではないでしょうか。

また、ダニーのものを片付けながら、ベッカは母親に“悲しみは消えるの?”と訪ねます母親は“悲しみは消えない、大きな岩のような悲しみもいつかはポケットの中の小石のようになる。忘れたりすることはあるかもしれないが、ポケットに手を入れるとそこにはちゃんと小石がある”と語ります。この台詞は大変印象に残りますね。

ようやくベッカとハウイーは何をどうしたら良いのかわからないけど、二人で悲しみを抱きながら生きていこうと通じ合うところにようやくたどり着き、ハウィーのナレーションとともに知り合いの家族を自分の庭に招いてバーベキューをやるシーンで物語は終わっていきます。

奇跡のようなことが起きて“ハイッ、私達悲しみを乗り越えましたよ”というようなハッピーエンドではなく、現実味のあるエピソードを積み重ね、二人でようやく一歩を踏み出そとするストーリーは深い余韻を残し、柔らかであたたかな感動に包まれました。

ニコール・キッドマン、アーロン・エッカード、ダイアン・ウィーストそれぞれが演じるのは、ごくごく普通でありふれた人物像ですが、繊細かつ起伏に富んだ感情を現実味を損なわずに表現した演技は素晴らしいです。

ニコール・キッドマンがアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされたのも納得の演技です。

 

2011年12月28日 新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞(1月13日まで上映)

おすすめ度:★★★★★

ニコール・キッドマン・・・・素晴らしい!

 

原題:RABBIT HOLE
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
原作・脚本:デヴィッド・リンゼイ=アペアー
2010年 アメリカ作品

 

おまけ

もっと早くブログをあげたかったのですが、これを観た翌日から風邪を引いて寝込んでいました。ようやく回復してきたところです。皆様も風邪などひかないように新しい年をお迎え下さい。

 

リンク

ラビット・ホール 公式サイト

ラビット・ホール@ぴあ映画生活

 

ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村

「ラビット・ホール」への35件のフィードバック

  1. ピンバック: 真紅のthinkingdays
  2. ピンバック: カノンな日々
  3. ピンバック: 佐藤秀の徒然幻視録
  4. ピンバック: LOVE Cinemas 調布
  5. ピンバック: 菫色映画
  6. ピンバック: rambling rose
  7. ピンバック: 銅版画制作の日々
  8. ピンバック: キノ2
  9. ピンバック: Memoirs_of_dai
  10. ピンバック: 或る日の出来事
  11. ピンバック: 風に吹かれて
  12. ピンバック: シネマ日記
  13. ピンバック: 笑う学生の生活
  14. ピンバック: ひろの映画日誌
  15. ピンバック: ・*・ etoile ・*・
  16. ピンバック: 水曜日のシネマ日記
  17. ピンバック: Healing
  18. ピンバック: のんびり。
  19. ピンバック: A Day In The Life
  20. ピンバック: kintyre's Diary 新館

コメントを残す