黄色い星の子供たち

“国家が個人の良心や命を踏みにじった事件が、捕らえられた人々の視線で強烈に描かれています”

1942年7月16日の夜明け前、ナチス占領下のフランスでユダヤ人約13,000人がフランス警察に一斉に検挙されドイツの強制収容所に送られました。この事件は検挙されたユダヤ人が集められた冬季競輪場の名前をとってヴェル・ディブ事件と呼ばれます。

この事件はドイツによる迫害だと認識されていたとのことですが、1995年にシラク大統領がフランス国家がナチスへ助力したことの責任に触れたことをきっかけに、多くの人がこの事件について知ることになります。

パリに限らずナチス占領下の土地では、ユダヤ人は胸に黄色い星のワッペンを付けることが義務付けられ、公的な場所へ立ち入りの禁止されるなど生活が厳しく制限されています。また、プロパガンダによりユダヤ人に対して根拠のない差別や憎しみの感情を抱く人も少なくありません。

そのような状況でパリのモンマルトルで暮らすユダヤ人の少年ジョー(ユゴ・ルヴェルデ)は、ワッペンをつけることを嫌がったり、立ち入れない場所があることなどに不満を抱きながらも、家族や友達と無邪気に暮らしています。ジョーの家族も戦争が終わることを期待しながら、ささやかな幸せが続くことを願っています。

警察当局も当初はナチスからユダヤ人検挙の要請を拒否していましたが、組織の保身のためにこの要請を受け容れます。

そして、ある夏の日の夜明け前にフランス警察によるユダヤ人の一斉検挙が行われ、検挙された約13,000人が冬季競輪場(ヴェル・ディブ)に水も食べ物も与えられず5日間拘留されます。

そこでは捕らえられたユダヤ人医師ダヴィッド(=ジャン・レノ)がたった一人で病人や怪我人の治療に当たっていましたが、赤十字から女性看護師のアネット(=メラニー・ロラン)が派遣されてきます。アネットは過労で体調を崩しながらも彼らが人間らしく生きられるようにと献身的に仕事にあたるのでした。

その後に捕らえられた人々は収容所へ移送され、アネットも同行し、栄養状態も衛生状態も悪く、人らしく生きることすら許されない日々が続くことになります。

パリの街もプロパガンダによってユダヤ人に嫌悪感を持つ人も大勢います。しかし、全員がそうではないのです。

この事件では約24,000人が検挙の対象となりましたが、パリ市民がかくまうことで約10,000人が助かったとも言われています。

学校でユダヤ人を差別しないように子どもたちに厳しく言う教師や、ドイツ兵が来たら真っ先にユダヤ人の看護師を逃してやるようにアネットたちに頼む上司、ドイツ軍が来たら合図を送るというアパートの管理人、検挙にあたった警官の中ですら知り合いのユダヤ人にこっそりと助言をする人もいます。

また、ヴェル・ディブにやってきた消防士達は、消火ホースの点検だと言い張り、捕らわれた人々にホースから出る水を与えたりします。消防士達のカバンやポケット、長靴には捕らわれた人々から手紙が次々につめ込まれ、消防士のリーダーは明日は休暇をとって、その手紙を出してこいと部下に命じます。その時の消防士達の顔はとても清々しい表情をしていました。

この事件は国家がナチスへ迎合し、権力によって個人の良心や生きる権利を踏みにじった大きな事件といえるでしょう。

そんなことは良くないことだと心で思っていても、命令に背けば銃殺されるし家族もいるからしょうがないんだという警官たちの言葉は、個人の良心と国家の命令との葛藤を抱える人間の弱さも表しているように感じました。

何よりも圧倒されるのは、過労で体調を崩しながらも、捕らわれた人々が人間として“生きる”ことに執着し、献身的に世話をするアネットの姿でした。

栄養や衛生状態が悪い収容所を何とかして欲しいと知事に手紙を何度送っても無視される、アネットは知事に直接会いに行きます。

アネットを演じたメラニー・ロランは、この映画が扱う事件の重さやシチュエーションの厳しさを目の当たりにして、撮影中に心身の状態が悪くなったというほどです。

メラニー・ロランの可憐なルックスと、自分を犠牲にしてまで生に執着する気高いアネットの演技には惹かれてしまいます。

収容所から別の収容所(おそらくガス室)へ移送される際、父親たちは一箇所に集められ、母と子どもたちは別のところに集められます。そこで、貨車には全員が乗れないから子どもたちは収容所へ置いていくという命令が出されました。その時に父親たちは鉄条網を強く握りしめ猛烈に抗議します。父親は最後にジョーに別れの挨拶として手を上げます。その血まみれになった手のひらは事の熾烈さを象徴しているかのように感じます。

母親はジョーに必ず生き延びるように言います。その時の彼のこの事への怒り、家族と引き離される悲しさ、必ず生き延びようという決意などがこもった表情はとても印象深いです。

こんな絶望的な事件を描いたラストシーンは、一筋の希望の光をみせてくれます。

ユダヤ人虐殺の話は、第三者的な視点で扱っていることが多いように思いますが、捕らえられたユダヤの人々やアネット達の内側からの視点でユダヤ人の迫害や収容所の様子を描いたことで、捕らわれた人々の心境や境遇、事件の大きさが強烈に伝わってきます。

また、フランス国家が個人の良心や生きる権利を踏みにじり保身のためにナチスに協力したという事実だけでなく、捕らえられたユダヤの人々やアネットだけでなく、警察官や収容所の憲兵など、誰一人として捕らえられた人々が殺されるということを知らないまま、この事件が進んでいくという様子はショッキングでした。

原題: La Rafle.(“一斉検挙”という意味)
監督・脚本:ローズ・ボシュ
出演者 メラニー・ロラン、ジャン・レノ、シルヴィー・テステュー、ガッド・エルマレ
2010年フランス・ドイツ・ハンガリー作品

2011年10月29日 新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞

 【リンク】

“黄色い星の子供たち”公式サイト

黄色い星の子供たち@ぴあ映画生活

黄色い星の子供たち [DVD]

「黄色い星の子供たち」への14件のフィードバック

  1. ピンバック: LOVE Cinemas 調布
  2. ピンバック: 風に吹かれて
  3. ピンバック: カノンな日々
  4. ピンバック: とんとん・にっき
  5. ピンバック: kintyre's Diary 新館

コメントを残す