落語物語

“映画の場面を思い起こすたびにニヤニヤして暖かな気持ちになります”

春木真人(=柳家わさび)は、たまたま寄席で聴いた落語に惹かれ、弟子入りを希望して東京下町にある今戸家小六師匠(ピエール瀧)の家を訪れます。

真人は引っ込み思案で他人とのコミュニケーションが苦手な真人はなかなか門をたたくことができずにおどおどしているところ、小六の妻の葵(=田畑智子)に声をかけられます。

弟子入りを認められ内弟子として小六夫婦と一緒に暮らす真人は、小春と命名され、落語の世界に身をおくことになります。

小春は楽屋に入ることを許されるやいなや、いきなり高座にあがれと言われてビクビクしながら高座にあがりますが、頭の中は真っ白。出てきたのはネタではなく“勉強して出なおして参ります”という言葉でした。

この映画は小六、葵、小春の3人を中心に落語界の人間模様を描いています。

おおらかで貫禄のある小六を演じるピエール瀧、小六の一枚上手を行く気丈さとユーモアのセンスを持つ葵を演じる田畑智子は本当に好演でした。小春役の柳家わさびは名前からわかるように、正真正銘の落語家です。彼のキャラクターは小春そのものということでこの映画に抜擢されたとのことです。でもさすがに落語家だけあって間のとり方がとてもうまいです。

また、監督の林家しん平は落語家であり、数十人の落語家が出演し、実際の寄席でのロケなどリアルな感じが満載です。

 

内弟子は師匠やおかみさんの雑用で大変だと聞いたことがあります。掃除や洗濯に明け暮れる小春が笑顔でいられるのは小六のおおらかで情に厚い人柄だけではなく、笑顔で見守ってくれるおかみの葵の優しさがあったからでしょう。

小六と葵の夫婦の関係も面白いです。葵は何でもはいはいと小六の言うことをきいているように見えますが、実は小六を手のひらの上で転がしていますというやりとりは落語に出てくる夫婦みたいにウィットと愛情がたっぷりで思わずニヤニヤしてしまいますね。

芸や上下関係に厳しい若手真打の山海亭心酒が芸に行き詰ったことから自暴自棄になり死んでしまったとき、師匠の山海亭文酒(=嶋田久作)が彼の遺体に“おまえから落語の楽しさを奪ってしまった”と自分を責める様子は、弟子を取るということの責任の重さを物語っています。でもそんな一言一言が噺家らしい粋なウイットにとんだ台詞になっているところは芸は人生そのものだとも言っているかのように思います。

また、若手の女性噺家の鶴家丸千代はテレビのレポーターの人気を足がかりに落語界の高みを目指そうとしていますが、バンドマンとの不倫が報じられ落語界にはいられなくなります。

丸千代のエピソードは協会の会議とセットになります。会議では他の協会との関係をやたらに気にしたり、女性の落語家への差別、伝統的な芸を守るか、お客様のニーズに応えて変わっていくのかなど、落語界の抱えているであろう問題にも触れていて、決してきれいごとだけでは済まされない世界であることを描いています。

小六と葵の馴れ初めや葵が黙々と書きためていたノートの真実は皆さんの目で確かめていただきたい。人生の重大な場面ですらユーモラスで情に厚いやりとりには心打たれました。

エンドロールでは小六と小春が二人ですきやきをつつく場面が流れるのですが、ここは師匠と弟子の力関係がコミカルに描かれていて上映終了まで美味しくいただくことができます。

 

映画全体がまるで落語のような雰囲気で、観ている方も笑ったり泣いたりしながらあたたかな気持ちになります。

この映画は全国での上映はほ¥ぼ終了していて、新潟での上映が最後のようです。9月にDVDも発売されたとのことなので、レンタルショップなんかで見かけたら是非手にとってご覧ください。

監督脚本 林家しん平

出演 ピエール瀧、田畑智子、林家わさび

2011年日本映画

2011年10月23日 新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞

 

【リンク】

“落語物語”公式サイト

落語物語@ぴあ映画生活
「落語物語」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

落語物語【期間限定版】 [DVD]

「落語物語」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: LOVE Cinemas 調布
  2. ピンバック: 映画尻エリカ
  3. ピンバック: 象のロケット

コメントを残す