電人ザボーガー

“くたびれたオヤジたちよ、若い頃の熱いモノはどこへいった?”

この作品は1974~1975年にテレビで放映されていた特撮ヒーロードラマをリメイク・映画化したものです。

当時自分は保育所から帰ってきて見ていた記憶がありますが、バイクがロボットに変身して悪者と戦うくらいの印象しかなく、それほど入れ込んでいたわけでもありませんでした。

映画は2部構成になっていて、1部は主人公の大門豊が青年の頃の話で、2部は1部から25年が経ち中年となった大門豊の話になっています。

青年の頃の大門豊は警視庁の秘密警察に所属し、父親が作ったロボット“ザボーガー”とともに大量殺戮を企てる悪の組織“シグマ”と戦います。

しかし、大門の気の迷いが原因でザボーガーは破壊されてしまい、シグマの野望はまだまだ続くのでした。

中年になった大門は、若さゆえの暴走が裏目に出て秘密警察をクビになり、議員の運転手をやっていましたが、その仕事もクビになってしまいます。

大門はハローワークに仕事を探しにやってきますが、そこで再びシグマの幹部が登場するのでした。

全編を通して、テレビ放映当時の“いかにも特撮ヒーロードラマです”的な、演技や演出でまじめにやればやるほど、何かのコントをみているかのような可笑しさがこみ上げてきます。

しかも、ファッションやメカニック、殺陣などを過度に今ドキあるいは近未来的に見せるなところがなく、当時の雰囲気やチープさをうまく再現しているのは面白い感じでした。

戦いのシーンで主題歌が流れるのも当時のお約束で、これは観ている方も熱くなりますね。

破壊されたザボーガーがいつのまにか復活していたとか、人間とサイボーグの間で子どもができたとかそういう御都合主義な設定は当時の特撮ヒーロードラマの醍醐味の一つですから、ツッコミをいれず楽しんでください。

 

若い大門はいかにも正義と熱血という当時のヒーローそのものという感じでした。

自分が面白かったのは、中年になった大門のキャラクターでした。

若さで突っ走るだけでは、うまく世渡りができないことがなかなか受け入れられないこと。

糖尿病を患っていたり、空手の必殺技を繰り出そうと失敗したりする体の衰え。

特に敵が襲いかかってきているのに、“好物のシュークリームを食べ過ぎて糖尿病になり、インスリンを注射するからちょっと待ってくれ”とわざわざ説明するところなんかシュールで笑えます。

シグマが街を襲っていても自分には関係ないという、正義を貫くことへの挫折感。

突然自分の子どもが現れたけれど、どう接していいのかとまどう親子の距離感。

そんな中年の悲哀を背負った大門は、原題のその年代が抱える悲哀を一気に背負っているような感じがして、共感してしまいました。

でもそんなくたびれた中年の心に、再び若いときに抱いていた正義への熱い気持ちがよみがえってくるところは、時代も自分も変わったとはいえ“若いときにがむしゃらに突っ走った自分はどこに行ったんだ?”と観ている人に問いかけているような気もします。

中年の大門豊は板尾創路が演じています。シリアスなんだけれどもどこか笑えてしまう、いかにも大げさに作りましたというような演技はドラマの世界観とうまくマッチしてなかなかよかったです。

 

監督・脚本 井口昇

出演 板尾創路、古原靖久、山崎真実ほか

2011年 日本作品

2011年10月16日 T・ジョイ新潟万代にて鑑賞

 

リンク

電人ザボーガー公式サイト

「電人ザボーガー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
電人ザボーガー@ぴあ映画生活

「電人ザボーガー」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: LOVE Cinemas 調布
  2. ピンバック: 象のロケット

コメントを残す