灼熱の小早川さん

灼熱の小早川さん

田中 ロミオ (著), 西邑 (イラスト)

ガガガ文庫

2011年9月17日

 

 

【ストーリー】

主人公の飯島直幸は勉強や人間関係をそつなくこなし、県下でトップレベルの進学校であり、生徒の自主性と伝統を尊重する校風の県立今野高校に入学しました。

人当たりもよくクラスで人気者の彼の楽しみは、毎夜「インターネット最高裁判所」というブログを読むことでした。

平穏で波風の立たないクラスに突如登場したのが、入学式からしばらく体調不良で欠席していた小早川千尋です。

千尋が登場してから、ブログの内容とクラスの出来事が似ていることから、直幸はこのブログは千尋が書いているのではないかと思い始めます。

千尋は突如クラス代表に立候補し、副代表は邪魔なのでいらないと言い放ちます。

そして千尋はクラスの規律を厳しくし、クラスは混乱に陥ります。

その混乱をなんとかするため、直幸はクラスの友達からむりやりクラス副代表にされます。

 

【感想】

“人類が衰退しました”の田中ロミオ先生が書いているのと、タイトルにひかれて買ってしまいました。

もし、自分が高校生だったら直幸はあんまり友だちになりたいと思わないかなー。

正論をかざすばかりでクラスの空気を読もうともしない千尋へはクラス全体が反発します。

千尋への反発は一人一人はごく普通でそれがよくないことだと分かっているのに、集団になるとハメを外してしまう心理が作用しているのでしょう。

そして、そういう空気の中にいる連中の心の底には、自分の本心ではないがその空気になじまなければ仲間はずれにされるという恐怖が常につきまとっています。

いわゆる心のダークな部分が見え隠れするところは、ロミオ先生のうまさだと思います。読んでてイラっとくるほど陰湿で本当にありそうな感じがしました。

でも、千尋を助けようと頑張る直幸に、人には見せない自分の弱さを少しずつ見せていく千尋の様子はやっぱり本当は可愛い女の子だなと感じさせます。

物語もじっくり書けば面白いと思うのですが、1冊で完結させようとしているのかなんか物足りないという感じがしました。

直幸の黒いところや千尋のネット裁判などもっと盛大に書いてあっても良かったと思うし、冒頭で直幸が幻視した炎の剣のことももっと掘り下げて欲しかったし、特に後半で千尋がクラス代表であることを諦めてからの彼女の生活なんかも描いても面白いと思います。

ラストはハッピーエンドだけどすごく端折ってある感じがしてちょっと残念でした。

一度壊れた直幸と千尋の関係修復やクラスがうまくいくようになった経緯とかもっとじっくり読みたかったです。

ショートツインテにメガネの小早川さんはなかなか可愛いです。ネコミミとしっぽを装着したイラストが見たかった。

コメントを残す