俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9 

伏見 つかさ (著), かんざき ひろ (イラスト) 

電撃文庫

2011年09月10日発売

 

表紙のイラストを見て、これは桐乃ルートでエンドに向かうのか?と思いましたが、開けてみると短編集でした。

でも、普段はチラッとしか出てこないキャラクターがメインに描かれていてなかなか新鮮で面白かったです。

個人的には「俺の妹はこんなに可愛い」と「突撃乙女ロード」が面白かったですね。

 

【あたしの姉が電波で乙女で聖なる天使】【真夜中のガールズトーク】

2本続けて1つの話になっています。

「あたしの姉が~」は日向が恋愛まっしぐらの黒猫の様子を語る話で、「真夜中の~」は温泉街で偶然黒猫姉妹と出会った桐乃と京介は同じ旅館に泊まることになり、桐乃と黒猫が京介への思いを語る中日向が乱入する話。

無邪気な発言に、黒猫が普段のキャラづくりを忘れて怒り狂う姿はなかなか面白い。

桐乃のリアル妹萌えにドン引きする日向の様子もいいですね。

 

【俺の妹はこんなに可愛い】

京介とその親友赤城浩平(瀬菜の兄)が自分の妹がどんなに可愛いか自慢し合う話。

いざ火がつくと二人とも妹溺愛ぶりが止まりませんね。

しかしながら、BLネタ収集のためにいつも兄を監視している瀬菜恐るべし。

最後の京介と桐乃のやりとりも微笑ましいですね。

 

【カメレオンドーター】

沙織・バジーナが姉や姉の友達との思い出を回想する話。

姉のサークルの人達と仲良くなっても、結局は自分の仲間ではないということに気づいて、今があるのだなということがわかりました。

自分の話を聞いてなかった桐乃たちにブチ切れたうえに、突然仲間を引き連れた姉の登場で感情を顕にする沙織も珍しいですね。

 

【突撃・乙女ロード】

桐乃と瀬菜が聖地乙女ロードを訪れ、どっちの兄がシスコンか語り合う話。

でも二人ともしっかりブラコンですよね。まさか、オチがこうだとは、でゅふふふ。

 

【過ちのダークエンジェル】【妹のウエディングドレス】

こちらも2本で一つの話になります。

京介が桐乃のモデル仲間のあやせに脅され、同じくモデル仲間の加奈子が出るイベントで加奈子のマネージャーをやる話。前半はテーマソングを歌っているClariSが楽屋に遊びに来る話、後半は撮影の仕事が長引いてイベントに間に合わないからと京介が自転車で迎えに行く話。

正直に言うとClariSの登場と、桐乃のウエディングドレスは目新しいけど、妹のために無茶をする京介のシスコンぶりもなんとなく食傷気味になってきました。

 

今後はどのルートになるのかわかりませんが、京介をめぐる人間関係がどうなるのか畳みかけていって欲しいかなと思います。

コメントを残す