偽物語(下)

偽物語(下)

西尾 維新 (著), VOFAN (イラスト) 

講談社BOX

2009年6月11日発売

 

 

【ストーリー】

主人公の阿良々木暦の妹たち“ファイヤーシスターズ”の参謀担当(下の妹)、阿良々木月火(つきひ)がメインのお話。

夏休みのある日、暦は陰陽師の女性とその式神に道を訊ねられます。そして家に帰ってみると、その陰陽師と式神が玄関先で待ち構えていて、月火の秘密が明かされます。

 

【感想】

上巻は姉の火燐がメインの話で、登場する場面も多かったのですが、今回のメインの月火は序盤に少し登場しただけで、本格的な登場は中盤以降でいつもの人たちとの会話が続きます。

八九寺真宵の登場が唐突過ぎたり、とにかく作者の西尾先生のフリーダムっぷりがすごいですね(笑)。でも面白い。

まずは火燐のデレから始まって、暦が火燐の歯を磨くというなんというプレイ!暦の妹萌えはますます変態度アップですね。

火燐の頼みで神原に紹介したはいいけど、その後の二人の様子が気になります。暦が火燐に肩車されて神原の家に向かう最中の翼の電話でのツッコミは神の領域ですね。

そして、何の脈絡もなく真宵の登場。話題がなにかとアニメ化で制作者視点。しかも巻を追うごとに暦の変態度がパワーアップです。

 忍も怪異に対しては鋭いですが、貫禄のある話しっぷりとその内容のしょぼさのギャップが激しいですね。

そして月火の登場。178ページ上段4行目のセリフはアリなのか?まったく羨ましいぜ、阿良々木暦!

前巻で町から出ていくと言った詐欺師の貝木と暦たちの再会、あいかわらず後味の悪いシーンです。

そして、暦と忍が陰陽師と戦うシーンはなかなかアツい展開でしたが、“え?こんな終り方でいいの?”って感じで決着しないところは、正義と悪、本物と偽物という二極的な価値観の中で曖昧な位置にあるこの物語らしい感じもします。

今回は登場しなかったですが、ツンがなくなってデレだけになった戦場ヶ原ひたぎさんの登場が楽しみですね。

月日がメインといえばメインなんでしょうけど、登場場面が少ない感じがしましたね。でも作者のフリーダムっぷりと暦とヒロインたちの会話が楽しめれば、もう何でもアリですよ(笑)

今回もVOFAN先生が描いた浴衣姿の月日のイラストはかわいいですね。いつも思いますけどこのシリーズは挿絵がないのがちょっと残念ですね。

コメントを残す