シャンハイ

【あらすじ】

1941年、日本軍が真珠湾攻撃を行う少し前、上海は多くの国が租界を置いてにらみ合っていました。

そんな中、アメリカの諜報員ポール・ソームズ(ジョン・キューザック)は親友の諜報員とカジノで落ち合う約束をしていたのですが、親友は現れませんでした。ポールはそこで出会った中国人女性とポーカーで勝負し負けてしまいます。そしてその夜、日本租界で遺体で見つかりました。

ポールは親友が死んだ原因を救命すべく、新聞記者を装い、親友が調査していた上海で日本人から汚い仕事を請け負う黒幕のアンソニー・ランティン(チョウ・ユンファ)とパーティーで接触し、そこでランティンの妻アンナ(コン・リー)や日本軍のタナカ(渡辺謙)を紹介されます。

ポールが親友の死について調査を進めていくにつれ、親友には日本人女性のスミコ(菊地凛子)という愛人がいたことや、タナカは日本軍情報部のトップであること、アンナがレジスタンスを指導していたことなどが明らかになっていきます。

そして、アンナとタナカがスミコをめぐって、駆け引きが繰り広げる中、ポールはアンナの手助けをします。

 

【感想】

なんといっても圧倒されたのは、当時の上海の街並みの再現です。歴史的な建築物が立ち並び、常に多様なたくさんの人々が行き交う様子は、“魔都”と呼ばれた上海の猥雑さや混沌とした雰囲気をうまく表現していると思います。

ネットで調べたところ、イギリスとタイにかなり大規模なオープンセットを建築したということです。

また、衣装も当時のファッションに今風なエッセンスを加えて、古臭くない感じでなかなかよかったです。

ジョン・キューザックの眼力、渡辺謙やチョウ・ユンファの腹に一物を持っているような不敵な演技はなかなかのものでした。コン・リーも美しかったですし、菊地凛子のアヘンに蝕まれた退廃的な演技もなかなか存在感がありました。

しかしながら、ストーリーは当時の情報戦の駆け引きを描きつつも、スミコをめぐっての駆け引きから、ポールとアンナの愛へと展開していくのですが、序盤から中盤は人間関係や、登場人物が何を狙いに行動しているのかわかりにくく、中だるみな感があってちょっと退屈でした。

前半のポールが調査を進めていくサスペンスはどこかしりすぼみな感じなまま、戦争の混乱に翻弄される女と男のラブストーリーに移っていくのですが、こちらのラブストーリーもさほど盛り上がるわけでもなかったです。

また、上海の街は日本軍の真珠湾攻撃と同時に混乱に陥りますが、その直前の連合艦隊の動きがはストーリーにはほとんど関係なかったように思います。

舞台や時代背景などうまく設定してたのに、どちらも描こうとして中途半端になってしまった感がちょっと残念でした。

コメントを残す