S RED ザ・スニーカー100号記念アンソロジー

S RED ザ・スニーカー100号記念アンソロジー

角川スニーカー文庫

2010年6月30日発売

 

小説誌「ザ・スニーカー」100号を記念して、本誌に掲載された短編を中心に、文庫未収録作品を厳選し収録した一冊です。

自分は“レンタルマギカ”以外は本編を読んだことがありませんが、他の作品もそれなりに楽しめました。

 

【トリニティ・ブラッド apocrypha Hard Rain】

残念ながら、物語の世界観、登場人物の性格や相関関係などわからないため自分にはちょっと難解でしたが、雰囲気は楽しめました。

【レンタルマギカ 魔法使いの祝祭】

アストラルとゲーティアが年末に合同儀礼をする話。本編は魔術を使った戦いがメインですがこうした日常視線のエピソードは楽しいです。クッキーのことで真っ赤になるアディリシアがかわいいですね。

【消閑の挑戦者 夏のドミノ】

ちょっとメタな話だったので、世界観などよくわからないので、本編を知らない人が短編を楽しむのはちょっと厳しいかなと感じました。

【パリエルがしがしいきましょう!】

会話やテンポのよさでなかなか楽しめました。

【オイレンシュピーゲル 三匹のタンタン・タカタカ・タンタンタン】

短編でしたが、キャラの性格や世界観が分かりやすかったですね。気に入ったので機会があれば本編も読んでみたいです。

【いつものように爽やかな朝】

同じ一日がループし続けることを知っている人がいるという設定が面白さを出していると思います。

コメントを残す