映画“ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2”

放送大学の単位認定試験も近いのですが、しばらく映画に行っていなかったですし、前からずっと楽しみにしていた作品だったので公開初日仕事が終わってソッコーで映画館に行ってきました。

 

シリーズ最終作ではハリーとヴォルデモードの戦いは魔法界の善と悪の戦いに発展し、ホグワーツ魔法学校を舞台に戦いが激しく繰り広げられます。

ハリーとヴォルデモードの戦いの行方、ハリーに隠された秘密、ダンブルドア校長を殺したことで敵なのか味方なのかますます分からなくなってきたスネイプの真実などが一気に明らかになります。

 

 

感想を書くにはそのシーンの内容を書かないと分かりにくいのですが、それはこの映画の核心に触れてしまうので、分かりにくいですがここでは触れないでおきます。

 

この作品はPart1とPart2の構成となっていますが、Part1を見ただけではこの映画ではよくわからないことが多いかと思います。

ハリーが心に背負ったもの、ロンやハーマイオニー達がホグワーツの中でヴォルデモードの分霊箱を破壊するために奔走する場面、ハリーがスネイプの真実を知るところなど、1作目の賢者の石からこれまでの作品が多くの伏線となっていているので、これから観ようという人は1作目からざっと観ておくと分かりやすいと思いますよ。

 

ハリーとヴォルデモードの戦いはハリーの自分自身の戦いでもあったと思います。分霊箱を破壊するごとに自分の心が不安定になっていく様子はハリーは戦えるのか心配になってきます。

ハリーの戦いに次ぐ見所はダンブルドア校長を殺害し、ヴォルデモードの側に寝返ったスネイプの真実でした。彼は1作目からハリーの味方なのか敵なのかよくわからない存在でしたが、彼は命を捨ててまでも亡き想い人への愛を貫いた姿は感動です。

最後にハリーは最強の杖を自分の手にするのですが、それを捨ててしまいます。

なぜそれだけのものを安々と捨ててしまったのかはハリーにしか分からないことですが、きっと戦いで死んでいった両親や先生,仲間たちのお陰でこの戦いを乗り越え、彼らの思いに恥じない生き方をしようと誓ったからなのではないかと自分は想像しています。そのシーンを見てハリーは人間としても強く成長したのだと感じます。

 

ちょうど一作目の公開時はハリーやロン、ハーマイオニーも子どもでしたが、すっかりもう大人になりましたね。10年にわたって成長を見守ってきたのもようやく卒業です。

 

この作品シリーズ初の3D作品ですけど、3D映画を観るときはちょっとここは前過ぎるんじゃないかと思うくらい前の方で観るほうがいいですよ。

スクリーンが視界いっぱいにならないと映像の効果があまり感じられないのです。僕は前から3列目でかぶりつきで観てました。

コメントを残す