映画“ザ・ライト -エクソシストの真実-”

先週あたりから新潟もようやく暖かくなってきましたね。

コートも冬のモコモコしていたものから、少し薄手のものにしましたが、それでも暑いので通勤の時はうすうすしたウインドブレーカーを羽織っています。(風はまだ冷たいですからね)

仕事場の近くには新潟市内で一番早く桜が咲くと言われている場所がありますが、そこの桜の蕾もいまにも破裂しそうな感じです。

昨日(土曜日)は朝早めに出かけて、マクドナルドで朝ごはん食べて、放送大学に行ってしばらく勉強して、それから映画を観に行って来ました。

今日(日曜)は投票所が開くと同時に選挙に行って、電車で出かけて、マクドナルド→放送大学→アニメイト(笑)でした。

土曜日は雨でしたが、今日は朝は珍しく霧が出ていてその後晴れて暖かかったですね。放送大学からアニメイトまで歩こうと思いましたが、テキストやパソコンやら何かと荷物が多くちょっとしんどいのでバスに乗ってしまいました。

さて、昨日観たのは、震災直後にこんな映画を上映するのは不謹慎とかいうことで上映延期になっていた“ザ・ライト エクソシストの真実”でした。

いろんな作品が上映延期となっているので、映画はしばらく観ないのかなと思っていましたが、前の日に明日から上映することになったということを知ったし、前売り券も持っていたので行くことにしました。

早めに行かないと新しい作品が公開になり、なかなか自分の都合のいい時間に見ることができなくなりますしね。

タイトルのライトは映画を観るまではRight(=正義)とかLight(=光)の事だと思っていましたが、この映画ではRITE(=儀式)ということでした。

ストーリーは稼業の葬儀屋を手伝う青年(マイケル)が町を出るために神学校に進み、卒業します。卒業すれば司祭になれるのですが、彼は成績は優秀なようでしたが自分の信仰が足りないことを理由に司祭になることを辞退します。

それで学校から勧められたのが、バチカンへ行って悪魔祓い(=エクソシスト)になる勉強を刷ることでした。

バチカンでエクソシストについて学びながら、実際のエクソシスト(ルーカス神父)を訪ね悪魔祓いの儀式を体験します。

体験を重ねながら悪魔祓いを受ける人は悪魔にとりつかれているのではなくて精神病なんじゃないかと感じたり、自分が何を信じていいのかわからなくなってしまうというものでした。

このストーリーは実際に起きていることに基づいて作られているとのことで、主役のマイケルやエクソシストのルーカス神父は実在する人物です。

予告編などからはグロい感じのシーンが多いように感じますが、そんなこともなかったです。

ドキュメンタリータッチに描かれるエクソシストの講座、悪魔祓いの儀式。これらは現実に行われているということです。

そこに、失敗を悔やんだり、自分も悪魔に取り込まれてしまうのではないかという人間の不安や葛藤、心の弱さなどが盛り込まれています。

なんといってもエクソシストを演じるアンソニー・ホプキンスの演技が光っていました。儀式の時は悪魔に毅然として立ち向かいますが、過去の失敗を悔いたり、いつ自分の信仰が失われるかと不安になったり、人間の弱さもうまく表現しています。

ブレード・ランナーのレプリカント役で出ていてルトガー・ハウアーはマイケルの父親役ですが、ブレード・ランナーの時に比べて随分歳をとったなと時間の流れを感じてしまいますね。

悪魔祓いの儀式に何度も立ち会ううちにマイケルは自分の心がわからなくなってしまうのです。最後はマイケルも悪魔と対峙することになるのですが、悪魔の言葉に自分も悪魔に取り込まれそうになり、窮地に追い込まれます。

そしてその窮地を克服したのは、科学でもないし、信仰でもなく、自分自身を信じることでした。

よく西洋では宗教との対立が科学の発展をもたらしたと言われています。悪魔が憑くという現象は科学では未だ解明がなされていません。

実際に毎年数千件の悪魔祓いが行われているということです。

その悪魔祓いについてもバチカンで体系づけて教育がなされていますが、結局は自分で判断するしかないようです。

難しいのは精神的な疾患なのか、本当に悪魔が憑いているのかを見極めることのようです。

いつもよりもかなりネタバレしてしまいましたが、この映画は、現実にエクソシストが存在し悪魔祓いが行われているということを紹介しつつも、悪魔祓いに関わる人達の心の弱いところや悩みや葛藤などをうまく描いています。

劇場に来ていた若い女子のグループはホラーっぽい映画を期待していたみたいですが、そういう描写もあるはありますが、人間の信仰とは何かというのがこの映画の本質でなかなか重厚でよい映画でした。

7月の下旬に放送大学の単位認定試験があるので、それまでは今までみたいな頻度で映画を観ることは難しいかもしれませんが、また面白そうな映画の前売りが買えたら観に行こうと思います。

映画“ザ・ライト -エクソシストの真実-”公式サイト

http://wwws.warnerbros.co.jp/therite/index.html

コメントを残す