地震のこと、映画“ツーリスト”

金曜日からの地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災地の皆様の心の平穏が少しでも早く訪れるようにお見舞い申し上げます。

僕の方は幸い無事です。気遣って声をかけていただいた皆さんありがとうございました。

金曜日の地震発生時は仕事場にいました。仕事場の入っているビルも大分古いことや上の方の階に仕事場があるので、揺れはかなり大きく、長かったです。新潟県中越地震の時よりも大きく長く揺れていたように思います。

この日は地震発生から列車は運転見合わせで夜遅くになる少し動いていたようでした。バスは動いているとのことだったので、仕事が終わって一目散にバス停に向かいました。始発のバス停からすし詰め状態で、途中のバス停からもさらに乗ってきたりで普段であれば1時間弱のところ2時間近くかかりました。

人いきれで降りてしばらくグッタリしてバスを降りてから近くのコンビニで一休みしていました。でもいつ動くか分からない電車を待っているのも不安なので、バスに乗れてよかったです。

ネットもメディアも地震の話題ばかりなのは皆さん既にご承知かと思います。

ずっとそんな情報に触れ続けていると、普段どおり生活できるのに何となく停滞ムードというか自粛ムードになってしまうように思います。(皆さんはどうかわからないですが、自分はそうです)

もちろん、少し節電するとか、ネットで動画などの大きいデータのコンテンツの利用を控えて負荷を減らす、他の通信手段で用が足りるなら電話はなるべくかけない、募金箱をみかけたら1円玉でも5円玉でもいいから寄付するなど被災地の方々のためにできること、自分の身の回りの災害の備えについて見直すなどはやるべきですが、普段どおりに生活できるなら、不必要に自粛したりするのはかえって良くないのかと思います。

普段どおりに生活できる人まで元気がなくなったらこの国から希望が消えてしまいそうな気がします。

土曜日は久しぶりに天気がいいというのに、地震のことを思うとなんかため息が出るような気分でした。

普段利用している列車も多少遅れているものの、ほとんど運休しなくて動いていたので、映画に行くことにしました。朝ネットで営業しているか確認したところ営業しているとのことでしたが、映画館に行ってみると地震の影響を考慮して休業とのことでした。(暗闇でたくさんの人が集まる場所ですから、適切な対応だと思います)

新潟駅周辺では運休している新幹線や隣接県への列車の代替えの交通を確保する人で溢れていました。(今日になって大分落ち着いたようです)

街も真冬の吹雪の日よりも人はまばらでした。

そして、今日は映画館は営業しているということで、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが共演で話題になっている「ツーリスト」を観に行って来ました。落ち着いてきた人も多くなったせいか街も人がふだんより多く出ていたように思います。

【お話】

ギャングから大金を盗んだ男の恋人が、パリからヴェネツィアに向かう列車の中で出会った男を、事件に巻き込み、二人は命を狙われます。追っ手から逃れる中で二人はお互いに惹かれ合うのです。でもこれ以上はネタバレになるので書きませんが、ラストはかなりビックリでした。

【感想】

・大金を盗んだ男の恋人役のアンジェリーナ・ジョリーは綺麗だったし、アメリカ人で数学教師役のジョニー・デップのちょっととぼけた感じの演技もなかなかよかった。

・事件の中で追ってから逃走しながらも、遠慮がちにお互いに惹かれていく様子はなかなか繊細な感じもありました。

・ラストはビックリでしたが、最初と最後以外は間延びしていて結構退屈でした。正直に言うと自分の好みには合わなかったです。(今年観た映画の中では最低でした)

・あくまで個人的な見解ですがアンジェリーナ・ジョリーやジョニー・デップが好きな人にはお勧めですが、そうでない人は他の作品を観ることをお勧めします。

映画「ツーリスト」公式サイト

アカデミー賞で話題になったトゥルー・グリッドを観たいと思いコンビニをはしごして前売り券を探しましたが、見つからなかったです。新潟でこれから上映される映画で面白そうなものは既に東京等で公開されているなどの事情から前売り券が買えないので、観ようかどうしようか躊躇してしまいますね。

コメントを残す